犬が上目遣いをするのは何で?理由を解説
スポンサーリンク

犬の上目遣いはとても可愛いですが、飼い主としては癒されるのと同時に「え、何かを求めているの?」と考えてしまうこともあるでしょう
もちろん、犬の行動にはすべて理由があります。
この記事では、犬が上目遣いをする理由について見ていきましょう。

犬が上目遣いをする理由

おねだりをしている

飼い主の前にチョコンと座り上目遣いをしてくるのは、何かおねだりをしているのかもしれません。

過去に上目遣いをしたことでおやつを与えられたことがあり、またおやつがもらえると考えているのでしょう。

当たり前のことですが、人間の食べているものは犬にとって塩分や糖分過多となるため、絶対に与えてはいけません。

飼い主に伝えたいことがある

犬が飼い主に上目遣いをするのは、何か飼い主に伝えたいことがある可能性があります。

飲み水がなかったり、トイレシートが汚れたりはしていませんか?

犬の行動に飼い主が過剰に反応するのは良いことではありませんが、一度水やトイレシートなどをチェックしてみたほうが良いかもしれません。

緊張している

犬を叱った後に上目遣いをしてくるのであれば、飼い主に対して緊張や不安な気持ちを感じているのかもしれません。

また、雷など外で大きな音がしたときに、飼い主に上目遣いで助けを求めることもあります。

何にせよ、犬を安心させるためにも「大丈夫だよ」と声をかけてあげることが大切です。

甘えている

仕事やプライベートが忙しくて、最近犬を構えていないことはありませんか?

犬は、飼い主とのスキンシップをすることで安心感を持ちます。

また、スキンシップは信頼関係を築く上でも大切です。

犬は飼い主に構ってほしくて、上目遣いをしている可能性があります。

スポンサーリンク

まとめ

犬が上目遣いをするのは、飼い主に何か伝えたいことがある場合か、不安を感じていることが多いです。

犬を叱ったときに上目遣いをして緊張しているようであれば、その場を離れて犬をリラックスさせてあげましょう。

また、犬とのコミュニケーションをする時間が少なくなっているようであれば、休日などの時間のあるときに思い切り遊んであげることが大切です。

スポンサーリンク
おすすめの記事