犬が唸るのはなぜ?歯をむきだしにして唸っていたら要注意!
スポンサーリンク

あなたは犬に唸られた経験はありますか?
おそらく犬を飼ったことがある人の多くは、愛犬に唸られたことがあるかもしれません。
一般的に犬が唸るのは、相手に対して怒っているときだと考えられています。
しかし、意外にも犬はさまざまな理由で唸っていたのです。

犬が唸る理由

恐怖を感じている・警戒している

犬は相手に恐怖を感じたり、警戒をしている場合に唸ることがあります。

特に自分の家などの慣れた場所に、知らない人や犬が入ってきた際に多く見られます。

「おまえは誰だ?それ以上近づくと噛んでしまうかもしれないぞ」と、犬なりに相手に対して警戒の合図を出しているのです。

ただ、相手に対して大きな恐怖を感じている場合や、自分や飼い主の身に危険があると考えたときには、歯をむきだしにして唸ります。

この際は、「これ以上近づくと間違いなく噛むぞ」という合図ですので、その場から離れることをおすすめします。

所有物を取られると感じている

犬は自分の所有物を取られると感じた際に唸ることがあります。

このほとんどが、飼い主が原因によるものです。

犬が食事中に邪魔をしたり、おもちゃで遊んでいるときに突然おもちゃを取り上げるなどをしたことがある場合、犬はそれがトラウマとなり、「また取られるんじゃないか」と考え、所有物を取られないように、唸ることで守ろうとします。

嬉しい・興奮している

犬と遊んでいるときに、犬が唸ってくることがあります。

飼い主としては犬が怒っていると感じ怯んでしまいそうですが、心配する必要はありません。

なぜなら、その唸りの原因は犬が喜んでいるからです。

飼い主との遊びがとても楽しいため、興奮しているだけに過ぎません。

しかし、これを継続してしまうと犬はさらに興奮してしまい、本気で唸るようになってしまう可能性もあります。

そのため、犬と遊んでいるときに唸るようであれば、一度遊ぶのを中断して犬を落ち着かせるようにすると良いでしょう。

その際に、「伏せ」などで犬を落ち着かせることが効果的です。

怪我をしている

もしかしたら飼い主の気が付かないうちに、愛犬が怪我をしているのかもしれません。

犬を撫でていて特定の部位に触れたときにだけ唸る場合は、その可能性は高いでしょう。

あまりにもそれが続くようであれば、一度獣医師に診てもらうことをおすすめします。

Point
犬が歯をむきだしにして唸っていたら要注意!
「伏せ」のしつけをしておくことで、犬を落ち着かせることができます
もしかしたら怪我のサインかも?
スポンサーリンク

まとめ

犬が唸るのは、本当にさまざまな理由があります。

知らない犬に会って唸られた場合は、おそらく警戒されているのでしょう。

しかし、長い間ともに生活をしている愛犬に唸られた場合は、一度その理由を考えてみても良いかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事