犬が爪切りを嫌がるときは?爪切りを嫌がる犬への対処方法
スポンサーリンク

犬の爪は放っておくと、意外にも早く伸びます。
爪を伸ばしたままにしておくと、家具や家電を傷つけたり、犬自身も歩きにくかったりするでしょう。
そのため、犬の爪切りは定期的に行う必要があります。
しかし、爪切りに慣れていない犬は、足を触られることも嫌がるかもしれません。
そこで、爪切りを嫌がる犬への対処方法についてまとめました。

爪切りを嫌がる犬への対処方法

爪切りを楽しいことだと理解させる

爪切りを嫌がる犬は、過去に痛い思いをしたなどのトラウマがあります。

そのため、爪切りは楽しいものだと感じてもらえるように、おやつを与えたり、爪を切るたびに褒めてあげましょう。

そうすることで、犬は「爪切りは痛いものではなくて、楽しいものだ!」と認識するようになることが期待できます。

いきなりすべての爪を切ろうとしない

爪切りは犬にとっても体力の使うものです。

そのため、まずは1本の爪を切ったらそこで思い切り褒めて終えましょう。

徐々に爪の切る本数を増やしていくことによって、犬は爪切りへの抵抗が少なくなります。

散歩やご飯前のルーティーンにしてしまう

犬は散歩や食事が大好きです。

そのため、それらの大好きなことの前に爪切りを行うというルーティーンにしてしまえば、犬は「爪切りが終わったら楽しいことが待っている!」と考えるようになります。

ただし、毎日爪を切るわけにはいかないので、散歩やご飯前に爪を切るふりをしたり、足を触るだけにしても効果的でしょう。

無理に爪切りをしない

いくらしつけをしても、爪切りがどうしても克服できないという犬は多いものです。

そういった場合には、無理に爪切りをしないことも大切です。

しかし一向に爪切りをしないのは、犬の爪が伸びすぎてしまいますので、一度獣医師やトリマーに相談してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

爪切りを嫌がらない犬にしたいのであれば、子犬のうちに足を触ることに慣れさせておく必要があります。

いままで足を触られたことがない犬が、突然爪切りをされると嫌がるのは当然です。

しかし、成犬になってからでも爪切りの苦手意識を克服することは十分可能といえます。

今回ご紹介した対処方法を試してみて、愛犬の爪切りをより簡単にできるようにしてみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事