犬が爪を噛むのはどうして?犬が爪を噛む理由と対策
スポンサーリンク

愛犬が爪を噛んでいる行為を、見かけることはありませんか?
「止めさせようとしても、なかなか止めてくれない。」、「気がかりだけど、どうしたらいいかわからない。」そんなときは、飼い主としても困ってしまいます。
犬の行動は、何気ない行動のように見えても、きちんとした理由があります。
犬はしゃべることができないので、飼い主が愛犬の気持ちに気付いてあげることが大切です。
ここでは、犬の爪を噛む理由や対策についてわかりやすく説明していきます。

犬が爪を噛む理由

ストレス

運動量が少ない

毎日散歩に連れて行ってあげられない、散歩の時間が短いなどの、犬のちょっとした運動不足が長く続いてしまうとストレスで爪を噛むという行為をしてしまいます。

大型犬になれば必要な運動量も増えてくるので、運動不足によるストレスが現れやすくなります。

飼い主とのコミュニケーション不足

飼い主が家を留守にしがちだったり、犬と遊ぶ時間がとれないことが続くとコミュニケーション不足によって爪を噛んでしまいます。

犬がもっと遊んでほしそうにしたり、構ってほしそうな仕草を見せていたら、ストレスを抱えやすい状態だといえるでしょう

生活環境の変化

引っ越しを繰り返したり、犬の寝場所が変わることなど落ち着く場所がなくなることで爪を噛んでしまいます。

生活環境が変わり緊張状態が長く続くとストレスになりやすい傾向にあるでしょう

爪が伸びている

爪が伸びすぎていると歩きづらくなり、気になって噛んでしまいます。

爪を伸びたままにしておくと爪がカーペットに引っかかって折れたり、巻き爪になって肉球や皮膚に食い込んできて出血や化膿を起こす可能性があるため、注意しなければなりません

ケガや虫に刺されている

散歩中に何か足に刺さってしまったり、ノミやダニなどの虫刺されでも爪を噛んだり舐めたりします。

痛みや痒みがあることで気になってイライラして噛む行為をしてしまうのです。

傷がないか、他に皮膚炎を起こしていないかを見てあげると良いでしょう。

暇つぶし

子犬の時期は、歯が永久歯へと生え変わる頃なのでむず痒くなり爪を噛んでしまいます。

そのことが癖となり、成犬になっても爪を噛むことが止められない犬もいるのです

Point
爪を噛むことを放っておくと、癖になりやすく出血や化膿を引き起こしてしまいます。
犬が爪を噛んでしまう原因を探して、対策を見つけましょう。
スポンサーリンク

犬が爪を噛むことの対策

ストレス

犬をよく観察して、ストレスの原因を見つけることが必要です。

犬が散歩で満足できていない様子なら、散歩の時間をもう少し伸ばしてあげましょう。

短い時間でも、朝夕など1日に2回行ってあげることで満足することもあります。

散歩に行く時間がないときは、家でおもちゃなどを使って遊んであげるだけでもストレスを軽減できるでしょう。

犬の性格によっては、撫でたりスキンシップをとることで精神的に安定しやすくなります。

犬が落ち着く場所を確保してあげることも大切です。

お気に入りのベッドやおもちゃを与えたり、一緒に寝てあげることで犬は落ち着くでしょう

爪が伸びている

爪が伸びてしまう前に、定期的にチェックをしましょう。

目安としては、個体差や運動量などで変わってきますが、室内犬の場合は2週間に1を目安として爪切りを行いましょう

飼いの場合は、1ヶ月に1回程度で爪のチェックをしてあげます。

犬がアスファルトやフローリングを歩く時にカチカチと爪の音がしない程度に切れば良いでしょう。

虫刺され

犬の足や爪の周りを確認して、出血や化膿、皮膚炎を起こしていないか見てください。

ノミやダニに刺されているならば、皮膚の炎症がみられます。

ノミやダニには、予防駆除薬が効果的です。

予防駆除薬の種類は多く、錠剤やおやつタイプ、犬の体に薬液を直接たらすタイプなどがあります。

犬が飲用しやすいものを選ぶことも可能ですが、ノミやダニの種類によって処方薬が違ってくるので獣医師とよく相談した方が良いでしょう。

日頃からの犬のケアとして、ブラッシングやシャンプーを定期的に行うことも大切です

犬を清潔に保つだけではなく、ノミやダニを発見しやすくなります。

暇つぶし

子犬の頃からの噛み癖など理由もなく爪を噛んでいる場合には、早めに噛む行為を止めさせる必要があります。

犬におもちゃを与えて気を逸らせたり、犬用の靴下を履かせて爪が噛めないようにしましょう。

噛み癖を止めさせるには、根気よく続けることが大切です。

Point
日頃から犬と触れ合う時間をつくり、犬の変化に早めに気づきましょう。

まとめ

犬が爪を噛む理由はさまざまですが、放っておくと化膿や出血をおこすので早めの対策が必要です。

毎日の犬のケアやコミュニケーションは、ストレス緩和だけでなく犬の様子や変化をいち早く気が付くことができます。

爪の状態が悪化する前に、早めに獣医師に相談することも大切です。

スポンサーリンク
おすすめの記事