ドッグフードにトッピングをするメリットは?おすすめ食材と注意点
スポンサーリンク

「毎日、カリカリのドッグフードだけでは可哀想…」、「ドッグフードが好きではなさそうだけど、もっと食べてほしい」、そう考えている人も多いのではないでしょうか?
そんな時には、ドッグフードのトッピングも1つの方法です。
この記事では、トッピングのメリットや注意点などを考えていきます。

ドッグフードにトッピングをするメリット

食いつきがよくなる

ドッグフードだけでは愛犬の食が進まない、と悩む人は多いようです。

もしくは、年齢とともに食が細くなる犬もいるかもしれません。

そうしたときに、トッピングにより食いつきが良くなる可能性があります。

また、ドッグフードに水分を加えることで、味やにおいが強まります。

食材の煮汁をドッグフードに加えるだけでも、食欲増進の効果は期待できるでしょう。

栄養素を補う

多くのドッグフードは、総合栄養食の基準を満たしているといわれています。

つまりドッグフードだけで、健康を維持するための栄養が摂れるということです。

しかし、愛犬の年齢や体調によって、特に摂らせたい栄養素は変わってきます。

そこでトッピングを加えることで、特定の栄養素を多く与えることができるでしょう。

スポンサーリンク

ドッグフードのトッピングにおすすめの食材

肉類

鶏肉には適度なエネルギーがありますが、豚肉や牛肉に比べ脂質は少なめです。

また、鶏レバーにはビタミンAB1、鉄分が豊富とされています。

次に豚肉や豚レバーは、ビタミンB2を摂りたいときにおすすめです。

鹿肉や馬肉は、鉄分や不飽和脂肪酸が豊富で低脂肪とされています。

そして犬に肉を与える場合は、食中毒予防のため必ず過熱しましょう。

魚類

多くの魚には、血管の老化防止が期待できるDHAEPAが含まれます。

タンパク質が豊富なタラ、カルシウムが豊富なイワシがトッピングにおすすめです。

ほかにも、アスタキサンチンを含むサケは、脂質代謝や肝機能の維持が期待できます。

ちなみに食中毒や寄生虫から愛犬を守るためにも、与える場合は十分に加熱が必要です。

また、魚の身は基本的に与えても問題ありませんが、魚卵は避けましょう。

野菜

野菜はビタミンが豊富ですが、それ以外の成分にも健康効果が期待できるでしょう。

まずブロッコリーには、抗酸化作用が期待できるスルフォラファンが含まれます。

またキャベツのポリフェノールも、同じく抗酸化作用のある物質です。

そして、にんじんにはカロテンが豊富なため、粘膜や眼の健康維持が期待できます。

野菜には食物繊維とカリウムが多いため、愛犬に合った調理方法で与えましょう。

きのこ

きのこはローカロリーですが、さまざまな栄養素を含んでいます。

たとえば、舞茸には免疫機能を活性化するβ-グルカンが豊富です。

また、マッシュルームからはビタミンB群がバランスよく摂れるでしょう。

ビタミンB群には、皮膚や粘膜の健康を保つ効果が期待できます。

そして、シメジやヒラタケには骨や歯の形成を助けるビタミンDが多く含まれます。

また、きのこを犬に与える場合は、必ず細かく刻んで加熱しましょう。

イモ類

イモ類は炭水化物を多く含み、犬のエネルギー源となります。

特に、ジャガイモはビタミンが豊富なためトッピングとしておすすめです。

犬に与える場合は、毒性がある芽の部分や緑色になった皮は取り除きましょう。

一方、サツマイモは甘みが強く、好む犬が多いようです。

ただし糖質とカロリーが多いため、喜ぶからと与え過ぎないようにしましょう。

イモ類は未加熱では消化に悪いため、必ず加熱して与えてください。

果物

糖質と食物繊維の過剰摂取に気を付ければ、果物をトッピングしても大丈夫です。

リンゴにはリンゴ酸が含まれ、疲労回復や炎症を抑える効果が期待できます。

またリンゴ酸を摂ることで、カルシウム結石のリスクが減るといわれています。

ほかにも、食物繊維が豊富なバナナなどもトッピングに向いているでしょう。

果実を犬に与える場合は、よく熟れたものを種や皮を取り除いて与えてください。

ドッグフードにトッピングをする際の注意点

あくまでもメインはドッグフード

トッピングが増え過ぎると、栄養バランスが崩れる可能性があります。

そのため、あくまでもドッグフードを犬の食事のメインにしましょう。

トッピングの目安量は、ドッグフードの2割です。

普段のドッグフードを2割減らし、その分をトッピングに置き換えます。

ただし、初めてのトッピングや、初めての食材の場合は注意が必要です。

少量からはじめアレルギー反応が出ないかなど、体調を観察しながら与えましょう。

食べないからと安易にトッピングしない

ドッグフードにトッピングをすると、食いつきが良くなることが多いです。

しかし、食べないときにトッピングを加えることにはデメリットもあります。

それは、犬が「ドッグフードを食べずに待てば、美味しいものを足してくれる」と考えてしまうことです。

一般的に、健康な成犬は23日食べなくても平気だとされています。

要求のために食べずにいる場合は、すぐにドッグフードを下げて様子を見ましょう。

トッピングを加える場合は、事前にトッピングをした状態で与えてください。

犬が食べてはいけない食材に注意

人が食べられるものの中にも、犬にとっては有害な食材があります。

与える前に、犬にとって安全な食材か調べてみてください。

また、一般的には安全でも、愛犬がアレルギーを持っている場合があります。

アレルギーの場合に異常が出やすいのは、皮膚や粘膜、呼吸、胃腸などです。

体調に異常があれば、一度動物病院へ連れていくことをおすすめします。

その場合は獣医師に、いつ、何を、どれくらい与えたか伝えると良いでしょう。

愛犬の状態や持病に合わせて

子犬は、消化器官が未発達です。

また高齢犬は、加齢とともに消化能力や代謝が低下します。

そのため、成犬が問題なく食べられる食材でも下痢や嘔吐を起こすかもしれません。

成長してからも、胃腸が弱っているときは消化不良を起こしやすいでしょう。

さらに持病がある場合は、相性の悪い栄養素もあるため注意が必要です。

食材や量、調理方法は愛犬の身体の状態に合わせて調整しましょう。

まとめ

ドッグフードにトッピングをすると、犬の食いつきが良くなる可能性があります。

また、特に与えたい栄養素を補うこともできるでしょう。

ドッグフードにトッピングをする際は、与えてはいけない食材や与え方に注意が必要です。

愛犬の食欲が落ちたときなどは、トッピングも検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事