なぜ犬は遠吠えをするの?犬が遠吠えをする理由について
スポンサーリンク

愛犬が突然「ワオーン!」と上を向きながら遠吠えをして、驚いた経験はありませんか?
また、救急車などのサイレンの音などに反応して犬が遠吠えをすることも有名です。
この記事では、犬が遠吠えをする理由と、やめさせる方法についてご紹介します。

犬が遠吠えをする理由

犬同士でコミュニケーションをとっている

犬は聴覚に優れた動物です。

そのため、ほかの犬の鳴き声が聞こえたら、遠吠えをして「自分はここにいるよ!」と合図を送っているのです。

このように、遠吠えは犬同士のコミュニケーションでもあることがわかります。

不安を感じている

犬は本来、群れで生活をしています。

そのため、留守番をする時間が長かったり、家族と過ごす時間が短いと不安に感じることがあります。

不安を感じると、犬は飼い主を探そうとして遠吠えをするのです。

この遠吠えは、群れからはぐれた犬が仲間を探すときにも見られます。

飼い主の気を惹こうとしている

遠吠えは犬にとって当たり前の行動ですが、飼い主から見れば可愛らしい仕草のひとつでもあるでしょう。

そのため、犬が突然遠吠えをすることで驚き、なにか反応をしてしまうかもしれません。

犬は、遠吠えをして飼い主から構ってもらった過去があったため、また飼い主の気を惹こうとしていることが考えられます。

救急車のサイレンなどに反応するのはなぜ?

救急車のサイレンの音や、赤ちゃんの泣き声を聞き、犬が遠吠えをしている姿を見たことがある人は多いのではないでしょうか。

実は、サイレンの音や赤ちゃんの泣き声は、遠吠えの周波数にかなり近いと考えられているのです。

そのため、それらの音に反応して、犬は思わず遠吠えをしているのでしょう。

スポンサーリンク

犬の遠吠えをやめさせる方法

犬とのコミュニケーションを増やす

犬が遠吠えをするのは、飼い主とのコミュニケーション不足の表れです。

そのため、日頃から犬とコミュニケーションがとれているか、再度考えてみましょう。

いっしょにボール遊びをしたり、散歩に出かけたりすることで、犬は自然と遠吠えをしなくなるかもしれません。

しつけでやめさせるのは難しい

先述したとおり、犬の遠吠えは犬の感情を表しています。

そのため、しつけで遠吠えをやめさせようと考えても、難しいでしょう。

遠吠えをやめさせたいのであれば、遠吠えをする理由を踏まえて、それらの原因から遠ざけることが一番の近道といえます。

まとめ

「ワオーン!」と元気よく遠吠えをする犬もいれば、「アウアウ…」と、「本当に遠吠えなの?」と思わせられるような可愛らしい遠吠えをする犬もいます。

ほとんどの場合、犬が遠吠えをするのは理由があるはずです。

無理にやめさせようとせず、根本的な原因を取り除いてあげることが良いでしょう。

まずは、犬としっかりコミュニケーションができているか、もう一度見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事