トイレのしつけは難しい?犬を迎え入れた日から始めるトイレのしつけ
スポンサーリンク

犬のトイレトレーニングを何度も失敗してしまうと悩んでいる人は多いのではないでしょうか?
たしかにトイレのしつけは、一度失敗をしてしまうと繰り返してしまうものです。
しかし、実は簡単なしつけ方法で、犬がトイレを失敗しないようになります!

犬のトイレのしつけが失敗する理由

犬を迎え入れて、まず部屋に放してしまう

犬は初めて飼い主の家に入る前には、緊張状態にいます。

人間も同様ですが、緊張がほぐれるとついトイレに行きたくなってしまうものです。

そのため、初めて家に迎え入れた日にいきなり部屋に放してしまうため、緊張がほぐれた犬がトイレをしてしまいます。

これこそが、初めて犬を飼った人に起きる、トイレの失敗の理由といえるでしょう。

トイレを失敗したときに叱ってしまう

もしも犬がトイレを失敗したときに、驚いたような声を出して叱ってしまうことはありませんか?

ソファーやカーペットにトイレをしてしまうと、つい大きな声で「あっ!」などと言ってしまいがちです。

しかし、それこそがトイレの失敗を続けてしまう原因でもあるのです。

犬はトイレを失敗することで、「飼い主に構ってもらえる」と学習してしまいます。

さらにまずいことは、犬はトイレを失敗して飼い主に叱られると「トイレの場所を間違ったこと」を叱られたとは感じず、「トイレをしたこと」を叱られたと理解することがあることです。

こう認識されると、室内でトイレをしない犬になってしまいます。

そうなると老後が特に大変になります。

そのため、犬がトイレを失敗したときには、犬を無視して黙々とトイレの後始末をすることをおすすめします。

スポンサーリンク

犬のトイレのしつけ方法

ケージ一面にトイレシートを敷く

まず、トイレシートをケージ一面に敷きましょう。

そこに犬を入れ、トイレをするのを待ちます。

そしてトイレをすることができたら、思い切り褒めてあげましょう。

これがトイレのしつけの第一段階です。

その後も犬がそわそわしだしたらケージの中に入れ、トイレをするのを待ちます。

トイレシートの面積を半分に

トイレシートをケージ一面に敷いて何度かトイレを済ますことができたら、犬は徐々にそこがトイレだと認識しているはずです。

そこで最終段階として、トイレシートの面積を半分にしてみましょう。

それでもトイレシートの上で漏れずにトイレをすることができたら、いままで以上に犬を褒めてあげます。

まずは「トイレシートから漏れずにトイレをすることができたら褒めてもらえる」と理解されるまで続けましょう。

それを繰り返し行うことで、トイレのしつけは完了したと言っても過言ではありません。

Point
まずはトイレシートに慣れるまでケージ一面にトイレシートを敷きましょう
もしもトイレを失敗したら、犬を無視して後片付けをしましょう

まとめ

犬のトイレのしつけで大切なのは、犬がそわそわして粗相をしてしまう前に、そわそわしだしたらトイレの場所へ連れて行って強制的にトイレを成功させてしまうことです。

トイレの失敗が続くと、飼い主の落胆した顔を見て犬も自信をなくしてしまいます。

ただし、トイレのしつけは1日や2日で完了するものではありません。

しかし、根気よく犬と向き合うことでトイレのしつけは必ず成功します。

スポンサーリンク
おすすめの記事