犬が股の間を走る!フリスビーに必要な犬の「スルー」のしつけ方法
スポンサーリンク

犬といっしょにドッグスポーツにチャレンジしたいと考えている人はいませんか?
ドッグスポーツにはさまざまありますが、気軽にチャレンジできるのがフリスビーです。
そこでこの記事では、犬にフリスビーをキャッチさせる前に必要なしつけと「スルー」のしつけ方法を解説します。

「スルー」とは?

人の股の間を通らせる

スルーとは、犬がハンドラー(飼い主)の股の間を通りターンをし、前に飛んだフリスビーをキャッチしに行くためのコマンド(命令)のことです。

スルーを身につけることで、素早くターンをしてフリスビーをキャッチするために走り出すことができるため、フリスビーの大会の限られた時間内で効率よくフリスビーをキャッチするために効果的です。

そして、なによりスルーはまわりの人から見るととてもかっこいいコマンド(命令)のひとつでもあります。

「スルー」のコマンド(命令)の方法

スルーのコマンドとともに、フリスビーを持ったハンドラー(飼い主)はフリスビーを持ったほうの手を自分の股に通すようにし、「スルー」とコマンド(命令)を出します。

そのコマンドに犬が反応し、ハンドラー(飼い主)の股の間を通ってターンをし、前へ走り出すことができればスルーのしつけは成功です。

スポンサーリンク

「スルー」のしつけ方法

ボールを自分の後ろに投げる

まず、ハンドラー(飼い主)は股を大きく開きます。

そして元気よく犬に向かって「スルー!」とコマンド(命令)を出しましょう。

そこで、大きく開いた股の間にボールを投げます。

そうすることで、犬はハンドラー(飼い主)の股の間を通りボールを取りに行くでしょう。

これがまずスルーの第一段階です。

徐々にボールを斜めに投げる

スルーのコマンド(命令)で犬が躊躇なくハンドラー(飼い主)の股の間を通るようになったら、次は徐々に斜めにボールを投げていきましょう。

この際、投げる方向は利き手の逆方向に投げます。

例えば右利きでフリスビーも右手で放るようであれば、自分の股の間から斜め左に向かってボールを投げるようにしましょう。

最終的にはボールを前に投げる

斜めにボールを投げても犬が問題なくボールを取ってくるようであれば、最終段階に入ります。

「スルー!」のコマンド(命令)とともに、犬がハンドラー(飼い主)の股の間を通った瞬間に、大きくボールを前に投げましょう。

それを続けることで、犬は「スルー」のコマンド(命令)で「ハンドラー(飼い主)の股の間を通る」→「前にボール(フリスビー)が飛んでいく」→「取りに行く」という流れが身体に染み付きます。

まとめ

スルーのしつけは、何度も繰り返し行うことで必ず覚えることができます。

まわりから見ると、スルーができる犬はとても利口に見えるため、さらに愛犬を誇りに感じるかもしれません。

まわりから見てもかっこよく、実践でも使用しやすいスルーは、フリスビーをチャレンジする人にはおすすめしたいしつけのひとつです。

スポンサーリンク
おすすめの記事