犬はタクシーに乗せられる?乗せるときの準備やマナー
スポンサーリンク

旅行や動物病院への移動など、犬と移動する機会は意外と多いものです。
しかし、状況によっては自家用車が使えない場合もあるかもしれません。
犬は、一般のタクシーに乗せても良いのでしょうか?
この記事では、タクシーに乗車する際のマナーや注意点などをご紹介します。

犬をタクシーに乗せても大丈夫?

基本的には乗れる

一般のタクシーは、人を乗せることを目的とした「旅客運送業」になります。

そのため、犬を一般のタクシーに乗せる場合、法律上は貨物扱いです。

とはいえ、飼い主とともに座席に乗ることはできるので、安心してください。

ただし、安全のためにクレートなどに入れる必要があります。

例外として、盲導犬や聴導犬、介助犬などは、クレートに入れずに同乗できます。

もし一般のタクシーに断わられたら

犬の大きさや頭数により、一般のタクシーには乗せられないことがあります。

そんなときは、ペットタクシーの利用がおすすめです。

ワゴン車が多く、一般のタクシーより犬を載せるスペースに余裕があります。

ペットタクシーは、一般のタクシーと異なり、法律上では「貨物運送業」になります。

そのため、犬を運ぶことが主目的で、飼い主は貨物(犬)の付き添いという扱いです。

基本的なしつけや健康管理が前提

一般のタクシーでもペットタクシーでも、基本的な管理が乗車の前提になります。

例えば、ワクチン接種が済んでいない場合は断られることが多いようです。

また、感染症にかかっていたり、不衛生な状態も乗車を断られる要因でしょう。

そのほか、無駄吠えや人を噛むといった癖がある犬も歓迎されません。

一緒に出掛けるときは、基本的な健康管理としつけをもう一度見直しましょう。

スポンサーリンク

タクシーに犬を乗せる前に準備すること

クレートに慣らしておく

慣れないクレートに入ってタクシーに乗ることは、犬にとって大きなストレスになります。

移動中の無駄吠えや体調不良を予防するために、クレートに慣らしておきましょう。

普段クレートを使用していない場合は、慣らす期間を考え、早めの購入が必要です。

クレートに、お気に入りの敷物やオヤツを入れて、自分から入るのを見守ってください。

恐怖感が強い場合は、上部を外した状態から徐々に慣らすと良いかもしれません。

ブラッシング・シャンプー

ほかの乗客と一緒に乗ることはありませんが、タクシーも公共交通機関です。

犬のにおいや毛が車内に残ると、次の乗客に迷惑がかかる可能性があります。

また、犬を乗せたあとは、念入りな清掃が必要になるでしょう。

そのため、においや抜け毛の対策をすることは、大切なマナーです。

事前に、シャンプーやブラッシングを済ませておくことをおすすめします。

できれば予約をする

社内規定としては、犬を乗せても問題ないというタクシー事業所が大半です。

しかし、運転手の体質などにより、クレートに入っていても断られることがあります。

そうしたトラブルを避けるためには、事前に予約しておくとスムーズです。

予約時に、犬を乗せる予定であることを伝え、条件などを確認しておきましょう。

そうすることで、事業所でも犬を乗せる前提で対応することができます。

犬をタクシーに乗せる際の注意点

犬を自由に動き回らせるのはNG

事業所によっては、クレートでなく、タオルで包んだ状態でも乗車は可能です。

しかし、いずれにしても、犬を自由に動ける状態にしてはいけません。

なぜなら、犬が車内で動き回ることは、運転の妨げになる可能性があるからです。

また交通事故に遭った場合に、犬が席から投げ出され、怪我の原因になるかもしれません。

タオルやバッグに入れる場合は、シートベルトを装着した飼い主がしっかり抱えましょう。

クレートの場合は、シートベルトで座席に固定しておくと安全です。

直前の食事は控える

車の音やにおい、揺れなどによって、犬が車酔いをすることがあります。

吐き気を起きにくくするために、乗車12時間前までに食事を済ませておきましょう。

車酔いの初期には、よだれや鼻水が増えるといわれています。

声をかけて緊張を和らげたり、窓を開けて外の空気を入れると良いかもしれません。

また、タクシーに乗る前に、動物用の酔い止めを飲ませるという方法もあります。

事前に、獣医師に相談してみてください。

排泄は済ませておく

犬が車内で排泄すると、クレートだけでなく座席などを汚してしまう可能性があります。

もし汚れなくても、タクシーの中に、においが残ってしまうかもしれません。

排泄によるトラブル予防のため、乗車前に用を足すよう促しましょう。

また、乗車中はマナーベルトを付けておくことをおすすめします。

長距離移動のときは休憩をする

人も長時間にわたり車に乗ると、疲労が溜まるでしょう。

犬は車に乗る機会が少ないため、人よりも疲労を感じているといわれています。

また、外に出ることやトイレ休憩は、車内での粗相や車酔いの対策としても有効です。

もしタクシーで長距離移動をするなら、途中で適宜休憩を取ることをおすすめします。

運転手にも、事前にその旨を伝えておくと良いでしょう。

まとめ

犬は、基本的にタクシーに乗ることができます。

しかし、条件や大きさによっては乗れないこともあるかもしれません。

トラブルにならないよう、タクシー事業所への事前連絡が大切です。

また、乗る前には十分な準備を行い、車内マナーを守りましょう。

一般のタクシーに乗れない場合は、ペットタクシーの利用も選択肢の1つです。

スポンサーリンク
おすすめの記事