犬にその場で立ってほしいときは?「立って」のしつけ方について
スポンサーリンク

おすわりや伏せ、お手などの一般的なしつけは皆さんご存知でしょう。
しかし、「立って」のしつけをしている人は少ないのではないでしょうか?
ちなみに立ってとは、犬が四足でしっかりとその場に立つことを意味します。
立ってを教えるのは、とても簡単です。
ここでは、立ってのしつけ方についてご紹介します。

立ってのしつけ方

犬にコマンド(命令)を出す

犬に「立って」とコマンド(命令)を出しましょう。

はじめのうちは、やりやすいように犬が座っている姿勢のほうが良いです。

まず、犬に向かってハッキリと「立って」と言います。

まだなにもしつけがされていない犬は、なんのことを言われているのか理解できないでしょう。

ボールを犬の鼻先より少し前に差し出す

まずは犬を「立って」の姿勢になるように誘導します。

ボールなどのおもちゃを犬の鼻先より少し前に差し出しましょう。

コツは、犬の一歩分ほど前におもちゃを差し出すことです。

そうすることで、犬はおもちゃを触ろうと「立って」の姿勢になることがあります。

もしも犬が立ったら、思い切り褒めてあげましょう。

犬のお腹に足をそっと入れる

もしも誘導をしても犬が立たなかった場合は、コマンド(命令)を出した後、犬のお腹にそっと足を入れましょう。

そして犬をその場で立たせるように、足を軽く上げます。

そうすることで、犬は強制的に立たされる形になるでしょう。

しっかりと四足で立った姿勢になったら、しっかりと犬を褒めてあげます。

何度も繰り返す

まずはこれを何度も繰り返し行いましょう。

犬が「立って」を理解するまでは何度も行い、その後はコマンド(命令)をした後に犬の様子を伺います。

コマンド(命令)に反応して、なにか考えているようであれば、少し待ってあげましょう。

その後犬が立ったら思いきり褒めてあげ、なにも行動を起こさないようであれば、また強制的に立っての姿勢にしてしまいます。

いろいろな姿勢から行う

犬が座っている姿勢から立ってをすることができるようになったら、応用としてさまざまな姿勢から立ってを教えます。

伏せの姿勢や寝ているときなどに、「立って」のコマンド(命令)から犬が立つことができれば、それは犬が立っての意味を理解した証拠です。

スポンサーリンク

まとめ

犬の「立って」は日常生活ではあまり使用することはないかもしれません。

しかし、しつけは犬と飼い主とのコミュニケーションにもなります。

さらに訓練競技会などの大会に参加する意思のある人は、「立って」は必ず覚えさせなければならないしつけのひとつです。

愛犬とワンランク上のしつけをするためにも、犬に「立って」をしつけてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事