そわそわ…。犬が落ち着かないときに考えられること
スポンサーリンク

愛犬の様子がいつもと違い、なんだかそわそわしていて、落ち着かない様子のときはありませんか?
実は、犬が落ち着かないのは飼い主に対する不調のサインであるかもしれません。
この記事では、犬が落ち着かないときに考えられることについてまとめています。

犬が落ち着かない理由

ストレスを感じている

犬は大きなストレスを感じているため、そわそわと落ち着かないのかもしれません。

最近身の回りで大きな変化はありませんでしたか?

例えば引っ越しや大幅な模様替えなどです。

これらの環境の変化が、犬のストレスの原因である可能性があります。

ストレスを発散させるためにも、ドッグランに訪れたり、十分な散歩時間を確保してあげると良いでしょう。

体調不調

犬は体調不良のときにも、落ち着かなくなってしまうときがあります。

ぐったりと元気がないときももちろん体調不良が考えられますが、腹痛や腰痛などを感じると、どうすれば良いのかわからなくなってしまい、そわそわと落ち着きなく動き回ってしまうのです。

もしも尻尾を下げながらとぼとぼと動き回っているようであれば、一度動物病院へ連れて行っても良いかもしれません。

認知症

犬も人間同様に認知症になることがあります。

その認知症の症状のひとつに、その場でぐるぐると歩き回るという症状が挙げられます。

認知症は完治することができない病気と考えられているため、認知症とうまく付き合っていくことが大切だといえるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

犬によっては、四六時中そわそわとせわしない犬もいます。

もちろん性格の差はありますので、動き回っている犬が必ずしも病気や体調不良であるというわけではありません。

しかし、いつもは落ち着きのある犬が、そわそわとしていたら、必ずなにか理由があるはずです。

理由を早めに突き止めてあげることが、犬が元気を取り戻す近道であるといえるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事