犬が自分のしっぽを追いかけるのは何が原因?
スポンサーリンク

愛犬が、自分のしっぽを追いかけるようにグルグルと回っている姿を見たことはありませんか?
実は、その行動には大きな意味があったのです。
この記事では、犬が自分のしっぽを追いかける原因と対策について解説します。

犬が自分のしっぽを追いかける原因

ストレス

犬が自分のしっぽを追いかける一番の原因は、ストレスです。

飼い主とのコミュニケーションの時間が足りていなかったり、散歩時間が少なかったりすると、犬はストレスが溜まります。

ストレスが溜まることによって、自分のしっぽを追いかけることで気を紛らわせているのでしょう。

これを放置すると、犬が自分のしっぽを噛んでしまうこともあるため、早めに対処しなければなりません。

また、ストレス状態が続くことにより同じ行動を何度もとってしまう、常同障害という精神的な病気を発症している可能性もあります。

遊んでいる

特に子犬に多く見られますが、自分のしっぽを追いかけて遊んでいるだけかもしれません。

好奇心旺盛な犬によく見られますが、やはり自分のしっぽを傷つけてしまう前にやめさせたほうが良いといえるでしょう。

しっぽに違和感がある

しっぽに何か付いていたり、痛みを感じていたりしている可能性があります。

違和感があるため、犬は原因を探ろうとしっぽを噛もうとしているのでしょう。

スポンサーリンク

犬が自分のしっぽを追いかけることへの対策

ストレスを取り除く

犬がしっぽを追いかけている原因がストレスであれば、それを取り除いてあげましょう。

犬とたくさん遊んだり、散歩に連れて行く時間を長くしたりすることで、犬は徐々にストレスから解放されていくはずです。

ストレスがなくなれば、しっぽを追いかけるのも治まっていくでしょう。

無視をする

犬がしっぽを追いかける行動自体は、良いことでも悪いことでもありません。

そのため、無視をすることが効果的です。

もしもしっぽを追いかけている犬を叱ったら、犬は「しっぽを追いかけると飼い主に構ってもらえる」と認識する可能性があります。

犬の行動に飼い主が反応することは、かならずしも良いことばかりではないということを覚えておきましょう。

まとめ

犬が自分のしっぽを追いかけるのは、ストレスが原因となっていることがほとんどです。

たいていは原因となっているストレスを取り除くことで、治まるでしょう。

ですが、執拗に何度も犬が自分のしっぽを追いかけるようであれば、精神的な病気を発症している可能性も考えられます。

心配であれば、一度獣医師に相談してみても良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事