犬の食糞をやめさせたい!犬が食糞をする理由と対策
スポンサーリンク

犬が食糞をするのには、さまざまな理由があります。
飼い主としては、「やめてほしい!」と感じる行動のひとつでしょう。
この記事では、犬が食糞をする理由と、食糞をやめさせる方法についてご説明します。

犬が食糞をする理由

本能

犬が食糞をするのは、本能的な行動であると考えられます。

排泄物をそのままにしていては、外敵に自分の居場所を教えているようなものであるため、食糞をしてにおいを消してしまおうとしているのです。

飼い主に叱られたから

もしかしたら、犬は過去に飼い主に叱られた経験から、食糞をしているのかもしれません。

飼い主としてはトイレの場所を間違ったことを叱ったはずなのに、犬は「排泄をしたこと」を叱られたと感じ、再び叱られないようにするために、食糞をして隠そうとしている可能性があります。

ドッグフードのにおいがするから

いま犬に与えているドッグフードのにおいを嗅いでみてください。

まれに、排泄物に近いにおいがすることがあります。

そのため、犬は排泄物の中にドッグフードが隠されていると感じ、食糞をしているのかもしれません。

また、消化の悪い穀物類が多く入ったドッグフードは、消化しきれずに排泄されるため、この行動が多く見られるはずです。

スポンサーリンク

犬に食糞をさせない方法

すぐに片づける

一番良い方法は、犬が排泄後にすぐ片付けることです。

そうすると、結果的に食糞をすることはありません。

犬が食糞をする理由はさまざまですが、しつけで直すことは難しいものです。

そのため、犬の排泄物を素早く片付けることが一番の方法といえるでしょう。

動物病院へ連れて行く

もしかしたら消化器系に異常があるため、犬は食糞をしてしまっている可能性があります。

念のため獣医師に診てもらうことで、いち早く病気を発見できる可能性があるでしょう。

まとめ

犬の食糞は、私たち人間にとっては考えられない理由かもしれません。

しかし、犬は本能的に食糞をしていることが多いため、完全に防ぐことは難しいでしょう。

食糞をしても決して叱らずに、すぐに片づけることで、犬は「排泄物はゴミなんだ」と理解するようになる可能性があります。

スポンサーリンク
おすすめの記事