伏せは犬を落ち着かせるために大切なしつけ。犬の伏せのしつけ方
スポンサーリンク

伏せは「おすわり」、「待て」に次いで犬を飼っている人のほとんどがしつけをしているでしょう。
さまざまな場面で有効的なため、なるべく早めにしつけておいたほうが良いです。
そこでこの記事では、犬が伏せをすぐに覚えるしつけ方についてご紹介します。

伏せの重要性

犬を落ち着かせることができる

ほかの犬と喧嘩をしてしまったときや、飼い主と遊んでいる最中に興奮しすぎてしまったときなどに、伏せは効果的です。

伏せをさせることで、犬は落ち着きを取り戻すことができます。

犬を即座に待たせたいとき

待たせるときには「待て」とコマンド(命令)を出しますが、「待て」の代用として使用しても問題ありません。

犬を自分の身を守るとき、とっさに伏せの姿勢になります。

そのため、犬にとって伏せは身近な姿勢です。

例えば、犬が突然走り出してしまったときや、災害時などで犬を一時的にその場にいさせたいときなど、さまざまなシーンで活用できます。

このように、犬の身を守るためにも、とても大切なしつけなのです。

主従関係をハッキリさせる

伏せは、犬と飼い主との主従関係をハッキリさせるためにも効果的です。

伏せはの姿勢は、犬の世界ではリーダーに従っているときにします。

そのため、その後のしつけにも影響が出てきますので、なるべく子犬の頃からしつけておくことをおすすめします。

Point
犬が喧嘩を始めたときには伏せのコマンド(命令)で犬を落ち着かせる
伏せはさまざまなシーンで有効
主従関係を伏せで教えることができる
スポンサーリンク

伏せのしつけ方

おもちゃなどで誘導する

まずはおもちゃやおやつを用意しましょう。

そして、「伏せ!」とコマンド(命令)を出します。

コマンド(命令)を出した後、地面におもちゃやおやつを握ったまま持っていきましょう。

そうすることで、犬は飼い主の手の中にあるおもちゃやおやつがほしいために、楽な姿勢である伏せの状態になります。

そこで犬を思い切り褒めてあげ、手に持っているご褒美をそのまま与えてしまいます。

この誘導のみで伏せる場合は、これを続けていれば覚えるようになるでしょう。

誘導しても伏せない場合は強制的に伏せをさせる

もしおもちゃやおやつなどを持ち犬を誘導しても伏せの姿勢にならなかった場合は、強制をします。

首輪を持ち、地面に向かって犬を引っ張ります。

犬はその姿勢が嫌なため、楽な姿勢である伏せの状態になると思います。

そして伏せの姿勢になった瞬間に、思い切り犬を褒めてあげましょう。

犬のしつけで強制をするときは、犬が嫌な思いをした分、思い切り褒めてあげることが大切です。

ちなみに、強制的にさせた場合、犬の後ろ足が横に流れていることがありますが、あまり気にしなくて良いでしょう。

それは後々矯正するとして、まずは伏せに近い姿勢になるということを覚えさせましょう。

慣れてきたらコマンド(命令)のみで伏せをさせる

最終的な目標は、飼い主の「伏せ」のコマンド(命令)だけで犬が伏せをするようになることです。

そのためには、日々の反復練習が物を言います。

理想は、飼い主がなにをしていても、コマンド(命令)があれば伏せをするようになることです。

まず犬を「誘導」して、ダメであれば「強制」、最終的にはコマンド(命令)のみということを意識して、日々のしつけに取り組みましょう!

Point
まずは誘導する
それでダメなら強制的に
最終的にはコマンド(命令)のみで!

まとめ

犬に伏せを教えるのはとても簡単です。

おそらく23日でコマンド(命令)のみでするようになるでしょう。

しかし、そこからが本番です。

実際にドッグランなどに行ったときに、犬がその場の環境を楽しんでしまい、飼い主のコマンド(命令)が耳に入ってしなければ意味がありません。

伏せの強化をし、さまざまなシーンで犬を抑えることができるように、日頃からしつけを続けていきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事