これでしつけがしやすくなる?犬の正しい叱り方について
スポンサーリンク

あなたはしっかりと愛犬のことを叱ることができていますか?
もしかして、人間の子どもにするような叱り方をしてはいないでしょうか?
言葉を話すことができない犬を叱るのは、簡単なことではありません。
ダメなものはダメと犬に伝える、犬の正しい叱り方についてご紹介します。

犬を叱るときにやってはいけないこと

長々と説教をする

犬を叱るときに一番してはいけないことは、説教です。

いつまでも長々と対して説教をすることは、絶対にやめましょう。

なぜなら、犬は飼い主に説教をされることで、飼い主のことを嫌いになってしまうからです。

せっかくいままで築き上げてきた信頼関係も、説教をしてしまうことで意味がなくなってしまう可能性も考えられます。

いたずらをした場所へ連れて行って叱る

よく犬がいたずらをした際の対処法として、いたずらをした場所へ連れて行ってその場所に犬の顔をつけながら「だめでしょ!こら!」と、やることを勧めている人がいます。

しかし、これは犬がいたずらをした際の対処法としては大間違いです。

なぜなら、こんなことをしても犬はなぜ自分が叱られているのかまったく理解できていないからです。

何度も体罰をする

先に断っておくと、体罰というには語弊があります。

そして犬に対する体罰は、何度も行うと虐待になります。

しかし、多少体罰をしなければ動じない犬がいることも確かです。

感情任せに犬に体罰をするのではなく、なぜ犬が飼い主から叱られているのかを理解させる必要があるでしょう。

スポンサーリンク

犬への正しい叱り方

叱るときは一度のみ

犬を叱るときには、「こら!」や、「いけない!」、「ノー!」などと大きな声で一言だけ言うようにしましょう。

それだけで叱られていることを理解します。

ただし必ず「わたしは怒っているんだぞ!」と伝えられるような低く大きな声で叱るようにしましょう。

現行犯以外では叱らない

もしも留守番中の犬がいたずらをしていても、飼い主として叱ることはできません。

なぜなら飼い主が現行犯でいたずらの現場を見たわけではないからです。

犬は現行犯でなければ叱られている意味がわかりません。

そのため、もしも留守番中に犬がいたずらをしていた場合は、黙々とその場を片付けましょう。

そして、その間は犬のことを一切無視するようにしてください。

そうすることで、犬は雰囲気が悪くなっていることを感じ取ります。

もしも現行犯でいたずらをしていた場合は、大きな声で「こら!」と叱るようにしましょう。

近くに大きな音の出るものを投げることも効果的です。

すると、「いたずらをすると嫌なことが起きる」と考え、いたずらをしなくなることが期待できます。

体罰は一度のみ

何度も言うようですが、体罰というと語弊があります。しかし、犬の鼻先やお尻などを一回だけ少し強めに叩くことは、しつけにおいて効果的です。

しかし犬のことを叩くときには、犬同士喧嘩をしたときなど、犬が怪我をしてしまう可能性や危険なことをしたときなどにしましょう。

無視をする

一部の犬に効果的なのが、犬を無視するという叱り方です。

犬は基本的には飼い主のことが大好きです。

そのため、飼い主に無視をされることで、叱られていると理解することがあります。

この無視をするという叱り方が効果的なのは、噛み癖や吠え癖のある犬です。

それらは飼い主の気を惹こうとしていることが多いため、無視をされることで自分の行動は無駄なんだと気が付くことがあります。

まとめ

犬を叱ることは、飼い主も体力を使います。

そのため、なるべく叱りたくはないのが本音でしょう。しかし、どうせ叱るのであれば効果的に犬を叱ることをおすすめします。

しっかりと叱ることで犬は叱られていることを理解し、飼い主も何度も叱ることがなくなるため、お互いに快適に過ごすことができるようになることが期待されます。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事