犬の専門学校は何をするの?学校生活について
スポンサーリンク

ドッグトレーナーやトリマーとして活躍したいと考えている人は、多くいるでしょう。
いきなりペット業界に飛び込むのは勇気がいるから、まずは専門学校でいろいろと学んでみたいという人もいるはずです。
そこでこの記事では、ドッグトレーナーやトリマーを志望する人たちに焦点を当てて、専門学校で主にどんなことをするかについてまとめました。

犬の専門学校で行うこと

座学

ドッグトレーナーやトリマーという仕事は、専門職です。

一般企業の営業職や事務職と異なり、手に職をつけなければいけません。

ですが、腕の良いドッグトレーナーやトリマーは、犬の内面も良く知っています。

そのため、専門学校の授業の半分は座学であると覚えておきましょう。

座学のほか、一般企業に就職したときのことを踏まえて、パソコンなどを使用した授業を行う専門学校もあります。

実技

やはり犬の専門学校に通うのであれば、実技は欠かせません。

ドッグトレーナー専攻の生徒は訓練やフリスビー、アジリティーなどを行います。

トリマー専攻は、犬のシャンプーを含めたトリミングを中心に実技の授業を受けるでしょう。

1日のどこかでかならず犬と触れ合えるのは、専門学校ならではのメリットであるといえます。

大会に参加

専門学生であれば、さまざまな大会に参加することになるでしょう。

ドッグトレーナーであれば訓練競技会やフリスビー、アジリティーなどの大会で入賞を目指します。

トリマーはトリミングの実技の大会に参加し、ほかのトリマーとの腕を競い合います。

どちらも、真剣に取り組まなければ入賞することはできません。

資格取得試験

犬の専門学校では、資格取得の試験も行います。

もちろん希望者のみですが、プロのドッグトレーナーやトリマーになりたいのであれば、資格の取得を目指すことになるでしょう。

ひとつ気を付けておきたいのが、一般的に行っている資格試験ではない場合があることです。

専門学校独自の資格を取得させ、「資格取得率100%!」と謳う専門学校も存在するため、資格名のチェックは欠かさずに行いましょう。

犬舎の清掃

当たり前のことですが、ペット業界は犬がいなければ成り立ちません。

専門学校でも、犬がいなければ実技の授業を受けることは難しくなってしまいます。

トリマー専攻であれば外部のブリーダーから犬を借りてトリミングを行えば良いですが、ドッグトレーナー専攻はそうもいきません。

そのため、ほとんどの専門学校には犬舎が用意され、数十匹の犬が飼育されています。

犬は生き物ですので、毎日犬舎の清掃はもちろん、食事などを与えなければいけません。

休日の犬舎の清掃も生徒の仕事であるため、休日返上で登校することも多くあるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

犬の専門学校は、専門職であることもあり情熱を持った人が多く集まります。

プロ意識が高いため、真面目に授業に取り組めない人はほかの生徒たちに置いて行かれるかもしれません。

ペット業界に興味はあるけどいきなり就職をするのは難しいという人は、専門学校の入学を検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事