犬が留守番をしっかりとできるようになるコツとは?
スポンサーリンク

犬を飼っている人には、さまざまな家庭事情があるでしょう。
一人暮らしで愛犬を長時間留守番させる必要がある人もいるかもしれません。
しかし、犬にとって長時間の留守番は難しいものです。
パニックになったり、留守番中の寂しい気持ちを紛らわせるためにイタズラをする犬もいます。
ここでは、犬の留守番のコツについてご説明します。

犬の留守番の限界は?

12時間以上だと大きなストレスになる可能性が?

もちろん犬の性格などによって留守番をできる時間は変わります。

しかしひとつの目安として、犬の留守番ができるのは、12時間以上だと言われています。

それ以上の留守番は犬にとって大きなストレスとなる可能性が考えられるため、なるべくは長時間留守にすることは避けたほうが良いでしょう。

犬は本来群れで生活をしている

犬は群れで生活をする動物であるため、群れのリーダーである飼い主が長時間いないことで、どうすれば良いかわからなくなってしまうことがあります。

群れのリーダーの不在により、犬はストレスを抱えイタズラなどをしてしまうことも考えられます。

スポンサーリンク

犬の留守番のコツ

犬の落ち着ける場所を確保する

サークルやケージなど、犬が落ち着くことができる場所を用意してあげましょう。

そうすることで、犬は「何があってもここにいれば安心だ」と考え、しっかりとそこで留守番をすることができるようになります。

サークルやケージ内には、犬の好きなおもちゃなどを入れてあげると良いでしょう。

ただし、長時間の留守番はトイレの問題もあるため、犬を長時間ひとりにさせるときには、トイレの問題を考えサークルで留守番をさせることをおすすめします。

飼い主と離れることに慣れさせる

結局のところ留守番を問題なくするには、慣れが大切です。

そのため、日頃から短時間で良いので家を留守にするなど、留守番の練習をすると良いでしょう。

まずは5分、次は10分など、徐々に留守にする時間を長くすることで、犬は飼い主がいなくてもいつか帰ってくることがわかっているため、パニックにはなりにくくなります。

Point
犬の安心できる場所を作ってあげましょう

まとめ

犬が長時間の留守番ができるようになることは、飼い主としては安心です。

しかし犬は飼い主と過ごすことがなによりの楽しみであるため、なるべくは家を長時間留守にすることは避けたほうが良いでしょう。

可能であれば、長時間留守にする場合には、友人などに犬の世話を依頼してみることをおすすめします。

スポンサーリンク
おすすめの記事