ビタミンと食物繊維が豊富!犬にじゃがいもを与えるメリットと注意点
スポンサーリンク

犬は人と暮らす歴史の中で、甘みが分かるようになったといいます。
そのため、甘みのあるイモ類を好む犬は意外と多いものです。
私たち人間も食べる機会の多いじゃがいもは、犬が食べても大丈夫なのでしょうか?
この記事では、犬にじゃがいもを与えるメリットや注意点をご紹介します。

犬はじゃがいもを食べても大丈夫?

基本的には食べて良い

じゃがいもは、ドッグフードに使用されることもある食材です。

そのため量や調理方法に気を付けて与えれば、問題ないでしょう。

ただし血糖値に影響しやすいため、愛犬が糖尿病の場合は注意が必要です。

また、アレルギーを起こしにくい食品ですが、体質により合わない犬もいます。

初めて与えるときは少量から与えて、体調に変化がないか観察しましょう。

スポンサーリンク

じゃがいもに含まれる栄養素

ビタミンC

じゃがいもには、グレープフルーツと同じくらいのビタミンCが含まれます。

ビタミンCには、抗酸化作用や免疫力向上などの作用があります。

酵素の働きを助けてくれるため、肝臓の分解能力を上げることが期待できるでしょう。

そして、鉄の吸収を助ける作用があるため、貧血予防も期待できます。

さらに、コラーゲンを作るために不可欠な栄養素でもあるため、ビタミンCは摂取しておいたほうが良い栄養素といえそうです。

カリウム

カリウムは、細胞を正常に保つために不可欠な栄養素です。

また、ナトリウムを排出する作用があります。

そのため、摂取することで高血圧の改善が期待できるでしょう。

ただし、愛犬が腎機能障害を抱えている場合は注意が必要です。

与える前に、かならず獣医師に相談しましょう。

食物繊維

じゃがいもには、不溶性と水溶性の食物繊維がバランスよく含まれます。

ホクホクとした食感から、じゃがいもは食物繊維が少ないと思うかもしれません。

しかし、蒸したじゃがいも100gあたり1.5gほどの食物繊維が含まれます。

これは、生のセロリと同等の食物繊維量です。

食物繊維は腸を刺激したり善玉菌を増やし、腸内環境の改善に役立ちます。

犬にじゃがいもを与えるメリット

ビタミンCが摂れる

犬は人間と違い、体内でビタミンCを作ることができる動物です。

しかし、体重や体調によっては生成量が十分でない可能性があります。

そのため、食事からもビタミンC補う必要があるでしょう。

また、ビタミンCには血管の老化防止や免疫力向上が期待できます。

そしてじゃがいもの特徴は、加熱によるビタミンCの損失が少ないことです。

手作りフードでビタミンCを補いたいのであれば、じゃがいもを取り入れてみてはいかがでしょうか?

腸内環境が整う

先述したように、じゃがいもは不溶性と水溶性の食物繊維をバランスよく含む食品です。

不溶性食物繊維は腸壁を刺激するため、腸の活発化が期待できます。

また水溶性食物繊維は、水分を吸収して便を柔らかくする作用があります。

そして食物繊維は、善玉菌の栄養分にもなるのです。

そのため、愛犬が便秘気味のときにはじゃがいもがおすすめです。

愛犬のダイエットに便利

じゃがいもは脂質が少ないため、低カロリーな食材です。

また水溶性食物繊維は、水を吸収しゼリー状になります。

そのため、腹もちがよく満足感が得やすいといわれています。

食欲旺盛な愛犬のダイエットには、じゃがいもがおすすめです。

ただし糖質を含むので、いくら食べても太らないわけではありません。

ドッグフードや間食を減らし、じゃがいもに置き換えるなどの工夫をしましょう。

犬にじゃがいもを与える際の注意点

芽や緑色になった皮は避ける

じゃがいもを長期保存すると、芽が出ることがあります。

また、光の当たる場所に保管して、じゃがいもの皮が緑色になった経験がある人もいるのではないでしょうか。

芽や緑色の皮には、ソラニンというアルカロイド系の毒素が含まれます。

これを犬が食べると、嘔吐や下痢をする可能性があるでしょう。

また、摂取量や体質によっては命に係わる場合もあります。

犬にじゃがいもを与えるときは、芽と緑色になった皮はかならず除けましょう。

加熱が必要

じゃがいものデンプンは加熱することで、犬が吸収しやすい形に変化します。

そのため、犬にじゃがいもを与えるときはかならず加熱しましょう。

加熱するときは、茹でることでアクを抜くことができます。

カリウムなど水溶性の栄養素も摂りたいときは、蒸すのも良いでしょう。

また、子犬や高齢犬に与える場合は、食べやすいようにお湯で薄めてポタージュにするのがおすすめです。

血糖値や肥満に注意

じゃがいもには、食物繊維が多く含まれます。

その働きにより、じゃがいもの糖質は比較的穏やかに吸収されるでしょう。

しかし、ほかの野菜に比べて糖質の量が少ないわけではありません。

また、消費されなかった糖質は脂肪として犬の身体に蓄積されます。

そのため、肥満や糖尿病の治療中の犬は与え方に注意が必要です。

ほかにも持病がある場合は、与える前に獣医師に相談しましょう。

犬が食べて良いじゃがいもの量

犬は、1日に何gのじゃがいもを食べて良いのでしょうか?

犬の体重を、小型犬3kg、中型犬12kg、大型犬を20kgと仮定して説明します。

小型犬の場合は14g、中型犬が40g、そして大型犬は58gが目安です。

初めて与えるときは少量から与え、体調を見ながら徐々に増やすようにしましょう。

じゃがいもを主食にしないように!

犬は肉食動物です。

そのため、肉を主食にしなければ健康を維持することはできません。

たしかにじゃがいもは低カロリーですので、犬のダイエット向きの食材といえます。

しかしあくまで主食は肉ですので、じゃがいもは手作りフードの食材のひとつとして使用すると良いでしょう。

まとめ

じゃがいもは、ビタミンCと食物繊維が豊富な食材です。

愛犬に与えることで、抗酸化作用や腸内環境の改善が期待できます。

与える際は、調理方法や量に注意が必要です。

また、持病などがある場合は与える前に獣医師に相談すると良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事