胴長短足が可愛い!コーギーの性格や飼い方について
スポンサーリンク

ニコニコとした表情と胴長短足の見た目から、老若男女問わずに人気の高いコーギー。
日本国内で一般的に飼われているコーギーはウェルシュコーギーペンブロークと呼ばれる犬種です。
幼い頃に断尾をすることが多いウェルシュコーギーペンブロークに対して、断尾をしないキツネのような見た目のウェルシュコーギーカーディガンという犬種も存在します。
この記事では、日本国内で人気の高い犬種であるウェルシュコーギーペンブロークについてご説明します。

ウェルシュコーギーペンブロークの特徴

胴長短足の身体に短い尻尾

ウェルシュコーギーペンブロークの一番の特徴は、その可愛らしい見た目です。

胴長短足の身体と、短い尻尾が特徴的ですが、この短い尻尾は幼い頃に断尾をすることがほとんどです。

しかし、まれに生まれつき尻尾がない場合もあります。

体重は10~15kgになる中型犬

ウェルシュコーギーペンブロークは小型犬のような外見をしていますが、中型犬に分類されます。

体重は約1015kgになるため、体重管理には気を付けましょう。

スポンサーリンク

ウェルシュコーギーペンブロークの性格

活発で遊び好き

ウェルシュコーギーペンブロークはとても活発で遊び好きな性格をしています。

そのため、フリスビーなどのドッグスポーツにも積極的にチャレンジしてみても良いでしょう。

利口でしつけはしやすい

とても賢い性格であるウェルシュコーギーペンブロークは、比較的簡単にしつけをすることができるでしょう。

しかし、利口な犬種であるからこそ、アメとムチをしっかりとしたしつけが大切です。

また、犬種の本能により、飼い主の足に噛みついてしまうこともあるため、注意が必要です。

ウェルシュコーギーペンブロークのしつけ

しつけは楽しく!

とても賢い犬種であるため、しつけに恐怖を感じたり、面白みを感じない場合はしつけに取り組んでくれなくなる可能性があります。

そのため、ウェルシュコーギーペンブロークのしつけを行うときは、楽しくすることを心がけましょう。

褒めるときは大袈裟に、叱るときは一瞬だけ叱るというメリハリをつけることで、犬は喜んでしつけに取り組んでくれます。

ウェルシュコーギーペンブロークの飼い方

肥満に要注意!

街中で見かけるウェルシュコーギーペンブロークは、太り気味であることが多いです。

それは、食欲旺盛なウェルシュコーギーペンブロークならではなのかもしれません。

しかし、太りすぎると胴長短足の身体のため、腰に大きな負担がかかってしまいます。

腰痛のほか、場合によっては股関節形成不全やヘルニアなども併発する可能性もあるでしょう。

そのため、ウェルシュコーギーペンブロークの食事管理は、飼い主がしっかりと行うことが大切なのです。

抜け毛が多いためブラッシングが不可欠!

ウェルシュコーギーペンブロークは抜け毛がとても多い犬種です。

そのため、定期的なブラッシングはもちろん、清潔な環境を整えるためにも、毎日の床掃除が必要になります。

しっかりと散歩時間を確保しましょう

運動量が豊富な犬種のため、毎日適度な運動が必要です。

目安としては1日朝晩2回、各30分ずつが理想でしょう。

しかし、太り気味である場合は腰に負担がかかってしまいますので、まずは1520分程度の運動から始めてみても良いかもしれません。

まとめ

数ある犬種の中でも、ウェルシュコーギーペンブロークは飼いやすい犬種であると考えられます。

しかし、毎日のブラッシングや食事管理に加え、十分な運動時間を確保できる環境でないと、犬にストレスが溜まってしまうこともありそうです。

そのため、ウェルシュコーギーペンブロークを飼いたいのであれば、それらの要素を満たすことができるかどうかも、考えてみなければいけないでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事