超簡単!ツーステップでできる犬の「お手」「おかわり」のしつけ
スポンサーリンク

犬を飼うとはじめに教えたくなる芸が、「お手」や「おかわり」だと思います。
はじめて犬を飼う人であれば、簡単そうに見えますがしつけ方法がわからないという人もいるのではないでしょうか?
そこで、ツーステップでできる超簡単な「お手」、「おかわり」のしつけ方法を伝授します!

「お手」のしつけ方法

犬にコマンド(命令)を出す

まずしつけをするには、飼い主によるコマンド(命令)を出す必要があります。

犬に向かって「お手!」と元気よく言いましょう。

すると、犬はなにを言っているのか理解できていないような、キョトンという顔をするでしょう。

まずこれが、お手のしつけのワンステップ目です。

犬の手を持ち「お手」の形にする

次は、犬の手を持ち強制的に「お手」の形にしてしまいます。

そこで犬のことを思い切り褒めてあげましょう。

ここでは、恥ずかしいくらい犬を褒めちぎってあげることが大切です。

そして、それを何度も続けます。

すると、何度目かのときに「お手」のコマンド(命令)を言うと、犬はなにか考えたような素振りをし、手を挙げたりするはずです。

そこでもじっと犬の次の行動を待ち、「お手」の形になるまで我慢をしましょう。

「ここだよ」と手を振ったりし誘導をしてあげても効果的です。

これを何度も続けることで、犬は「お手」をとても簡単に覚えるでしょう。

「おかわり」は、いま行った手順を逆の手でするだけです。

スポンサーリンク

まとめ

「お手」と「おかわり」は犬と行うコミュニケーションの中でも、もっとも簡単なしつけと言えます。

とても簡単に教えることができるため、犬の自信にも繋がります。

すると犬は「しつけは楽しい!」と認識し、その後のしつけにも楽しそうに取り組んでくれるでしょう。

もしもまだ愛犬に「お手」、「おかわり」を教えていないのであれば、この超簡単なツーステップでしつけにチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事