しつけの基本!犬のおすわりのしつけ方
スポンサーリンク

ほとんどの飼い主の人が初めて愛犬のしつけを試みたとき、おすわりやお手を教えるのではないでしょうか。
しかし、おすわりは簡単なしつけだと侮ってはいけません。
おすわりのしつけは、正しく行うことで犬に「しつけって簡単だ!しつけは楽しい!」と感じてもらえるようになります。
ここでは、犬のおすわりのしつけ方をご紹介します。

犬のおすわりのしつけ方

おもちゃを犬の頭の上に持っていく

犬におすわりを教えるときは、犬と遊んでいる流れで行うことをおすすめします。

そうすることで、「しつけ=遊び」だと認識するようになるのです。

犬と遊びながら、瞬間的に犬の頭の上におもちゃを持っていき、同時に「おすわり!」とコマンド(命令)を出しましょう。

すると、犬は頭上にあるボールを見るために、おすわりの姿勢になるはずです。

つまり、おもちゃを使用して犬を「誘導」するのです。

おすわりの姿勢になったら、すぐに犬を褒めてあげましょう。

結論から言うと、これを何度も続けることで犬はおすわりを理解するようになるはずです。

おすわりをしない場合は?

もしも犬の頭上におもちゃを持っていっても犬がおすわりの姿勢にならない場合は、どうすれば良いでしょうか?

答えは、「強制」です。

強制的におすわりの姿勢にさせましょう。

先ほど同様、犬の頭上におもちゃを持っていきながら、犬のおしりをポンと叩いてみます。

そうすると、犬は強制的におすわりの姿勢になります。

そこで思い切り褒めてあげましょう。

強制的に犬の姿勢を変えることは、犬にとって少なからずストレスとなるため、いつもよりも大袈裟に褒めてあげるようにしましょう。

慣れてきたら誘導・強制をしない

犬のしつけは回数をこなすことで強化されていきます。

おすわりも誘導・強制をしなくてもできるようにしなければなりません。

そのため、慣れてきたら「おすわり」のコマンドだけで犬をおすわりさせてみましょう。

大きな声で「おすわり!」とだけ言い、犬の様子を伺いましょう。

犬がなにか考えているようであれば、犬の次の行動を待ちます。

キョトンとしているようであれば、まだおすわりを理解していないので、誘導します。

それでもダメであれば、ほとんどおすわりを理解していないため、強制をしましょう。

これを繰り返すことで、犬は必ずおすわりができるようになります。

Point
まずはおもちゃで「誘導」する
それでダメなら「強制」する
最終的にはコマンドだけでおすわりをさせる
スポンサーリンク

まとめ

犬のおすわりは、簡単であり奥が深いしつけです。

犬のすべてのしつけは、コマンド(命令)から始まり、誘導、強制へと進みます。

それを何度も繰り返し行うことで、徐々にしつけが強化されていくのです。

スポンサーリンク
おすすめの記事