大型犬を飼うのは大変?飼いやすい犬種5選【大型犬編】
スポンサーリンク

大型犬は、いっしょに遊ぶのも体力が必要です。
ほかの犬種に比べて大型犬を飼うのは、大変なのではないかと考えてしまうのではないでしょうか?
たしかに小型犬に比べると散歩時間や食事量など、大変な面もあります。
しかし、しっかりとしつけをすると、大型犬は良きパートナーとなるのです。

飼いやすい犬種5選

ラブラドールレトリバー

飼いやすい犬種といえば、ラブラドールレトリバーが一番はじめに挙げられるでしょう。

警察犬や盲導犬として活躍するほどの知能と、フリスビーやアジリティーもこなす運動能力を兼ね揃えた犬種です。

とても優しい性格をしているため、家族の良いパートナーとなってくれるはずです。

ただし頭が良いということは、しっかりとしつけをしなければ手のつけられない犬になる可能性もあるため、注意しなければなりません。

また、かなりの抜け毛があるため、こまめにブラッシングや部屋の掃除をするのも忘れないでください。

バーニーズマウンテンドッグ

「バーニーズ」の愛称で知られるバーニーズマウンテンドッグは、とても穏やかな性格をしています。

なめらかなトライカラーの被毛が特徴的で、飼いやすい大型犬として挙げられるでしょう。

体重は平均で40kgほどになるため、しっかりとしつけをしなければ、散歩中でも引きずられてしまいます。

特に子犬の頃は活発ですので、子犬の頃に引っ張り癖などを付けないように育てなければなりません。

ですが成犬になると、おっとりとした子どもとも遊んでくれる優しい犬になることが多いです。

ゴールデンレトリバー

金色のなめらかな被毛が目を引くのが、ゴールデンレトリバーです。

ゴールデンレトリバーは日本でも人気の高い犬種で、いまだに多くのゴールデンレトリバーファンがいます。

人気の高い犬種であるため、家族として迎え入れる機会も多い犬種といえるでしょう。

とても優しく穏やかな性格は、子どもがいる家庭でも問題ありません。

サモエド

真っ白でふわふわの被毛の持ち主であるサモエド。

常に笑顔全開の表情は、「サモエドスマイル」とも呼ばれています。

その笑顔のとおりの性格をしており、とても穏やかで元気が良い犬種です。

しかしもともと犬ぞりで活躍していたこともあり、物を引くパワーはかなり強いので、子犬の頃から引っ張り癖をつけないように注意しなければいけません。

ただし叱られることへの耐性は低いため、褒めて育てたほうが従順に育つはずです。

シベリアンハスキー

一時期、日本でも大きなブームとなったのがシベリアンハスキーです。

その端正な顔立ちからとても利口そうに見えますが、少し抜けている部分があるのがシベリアンハスキーの魅力です。

オオカミのような見た目であるため、凶暴なのではないかと考える人もいるでしょう。

しかし実際は、子どもともいっしょに遊べるとても飼いやすい大型犬です。

シベリアンハスキーは頭が悪いといわれることもありますが、犬ぞりで活躍していたこともあるため、そんなことはありません。

たしかにほかの犬種と比べて、しつけがしにくい部分もあるかもしれません。

しかし愛情を持って接すれば、かならず犬はしつけを覚えてくれます。

スポンサーリンク

まとめ

大型犬を飼うのが、ハードルが高いと感じる人も多いでしょう。

たしかに、大型犬は毎日の散歩や食費を考えると、簡単に飼うことはできません。

さらには、高齢になったら介護も必要になります。

どんな犬種の介護も大変ですが、大型犬の介護も決して楽なものではありません。

しかし、さまざまなハードルを乗り越えてでも大型犬といっしょに生活をするのは、大きな魅力があります。

いっしょにどこかへ出かけたりキャンプをしたり、良きパートナーを求めている人は、大型犬を飼うことを検討してみても良いかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事