愛犬が夢中になる!犬用おもちゃのおすすめ5選
スポンサーリンク

多くの犬は、飼い主とおもちゃで遊ぶことが大好きだと思います。
やはり、おもちゃは与えたほうが良いのでしょうか?
遊ぶときに、何か気を付けることはあるのでしょうか?
この記事では、犬用おもちゃの必要性や、おすすめを紹介します。

犬におもちゃは必要?

愛犬の健康のために

おもちゃを噛むことは、歯茎の血行促進に役立ちます。

また、子犬にとっては噛む力のトレーニングにもなると考えられます。

そうした目的には、ラバー製やロープ状のおもちゃが最適です。

破損が少なく、適度な柔らかさで、歯を傷める心配も少ないでしょう。

ただし、おもちゃを与えたまま目を離すと、誤飲のリスクが高まります。

目の届く場所で、時間を決めて遊ばせましょう。

楽しい時間を過ごすために

おもちゃの中でも動きのあるものは、犬の狩猟本能を刺激します。

そのため、おもちゃを使うことで犬は普段より活動的になるでしょう。

また、おもちゃを使うことで、愛犬との遊びにバリエーションが生まれます。

犬によって好む遊具が異なるため、愛犬の好みを知ってみましょう。

飼い主と思い切り遊ぶことで、運動だけでなくストレス解消になるはずです。

訓練の一環として

フリスビーやボールを使った遊びは、訓練にもなります。

愛犬がおもちゃに興味を持ったら、まずは褒めてあげましょう。

そうすることで犬は、おもちゃが楽しいものだと認識します。

これは、おもちゃをキャッチしたり持ってきたりする第一歩です。

そのあとは、おもちゃをくわえた犬を呼び戻してみてください。

持ってこられたら褒めることで、一連の動きが身についてくるでしょう。

しつけをすることも必要

おもちゃは「噛む」「追う」といった犬の本能を呼び起こします。

中には、飼い主と遊ぶのでなく、壊すことに夢中になる犬がいるようです。

その行為は、人間の物や服を壊したり、噛み癖につながりかねません。

問題行動を避けるために大切なのは、飼い主との決まりの中で遊ぶことです。

おもちゃを与えると同時に、指示に従う練習を始めましょう。

まずは、おもちゃを「拾う」「持ってくる」「渡す」から教えてみてください。

スポンサーリンク

おすすめの犬用おもちゃ5選

JW Pet Company 犬用おもちゃ ホーリーローラーボール

中空で網目状の、ラバー製ボールです。

ベイビー、ミニ、SLとサイズが豊富なので、愛犬に合わせて選びましょう。

伸縮性があるため、網目から他の遊具やおやつを入れることができます。

また、訓練用として使う場合にも、犬が拾いやすい形状です。

弾力があるため、1ヵ所を長時間噛み続けないかぎり、簡単には壊れません。

さらに、熱湯に浸しても変形しないので、清潔に保てるのも嬉しいポイントです。

スカイドッグ ドッグディスク

犬用のフリスビーの中では、オーソドックスな商品と言えるでしょう。

この商品はポリエチレン製で、布製やゴム製の物より遠くまで飛びます。

また、黄色やピンクなどの色合いは、野外でも見つけやすいでしょう。

しかし、薄さや素材の特性から、耐久性は高いとは言えません。

購入して気に入った場合は、まとめ買いがおすすめです。

また、犬が持ってきたら、すぐオフ(離す)させると破損しにくいでしょう。

ドギーマン 毎日ハミガキコットン スティック

ロープを編んで、棒状にしたおもちゃです。

歯みがきが苦手な犬も、楽しみならが歯の清潔を保つことができるでしょう。

人間がフサの部分を持って、引っ張りっこをして遊ぶこともできます。

コットン素材のため、歯が傷まない硬さで、少量なら飲み込んでも無害です。

ただし、犬は糸くずを多量に誤飲すると腸閉塞になることがあります。

与えっぱなしにせず、破損が目立ってきたら新しいものに替えましょう。

Kong コングワブラー

下部に重りが入っているため、倒しても起き上がる仕組みです。

その不規則な動きに、犬は強く興味を惹かれているようでした。

運動だけでなく、穴からおやつが出る知育玩具として使えます。

開閉はねじ式なので、犬が噛んでも簡単に開くことはありません。

本体は厚みがあって丸いので、耐久性も高いと言えるでしょう。

ベストエバー 犬用おもちゃ(エビ天)

噛んでいる姿が可愛らしい、エビの天ぷら型ぬいぐるみです。

多くの子犬は、生後4ヶ月ごろから歯牙脱換期(歯の生えかわり)が始まります。

そうした時期のムズムズや、ストレス解消を考えて作られたようでした。

中に入った笛と、カシャカシャと音のする素材も、犬が興味を示すポイントです。

犬が夢中になるため、どうしても与える時間が長いと破損しやすいでしょう。

予想より耐久性はありましたが、破損がないか確認しながら使ってください。

まとめ

おもちゃは、犬の運動やストレス解消のために役立つでしょう。

ただし、あくまでも、おもちゃは飼い主とのコミュニケーションツールです。

おもちゃを与えて留守番させる、といった使い方は避けましょう。

また、個体や年齢によって、興味や好みには違いがあります。

愛犬の様子を見ながら、ちょうど良いおもちゃを選んでみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事