外出の強い味方!犬のおでかけグッズおすすめ5選!
スポンサーリンク

最近では、愛犬を同伴できる場所や店舗が増えてきました。
犬とのお出かけには、何を持っていけばいいのでしょうか?
おでかけ中に気を付けたほうが良いこととは?
この記事では、おでかけの注意点やオススメのグッズを紹介します。

愛犬とのおでかけ中の注意点は?

車内での安全確保

多くの飼い主が、愛犬の安全には気をつかっているはずです。

しかし、犬が中で動き回っている車両を見かけることがあります。

万が一の時に、犬が座席に固定されていないと、ケガの確率が上がります。

仮に事故でなくとも、急ブレーキで犬が座席から投げ出されるかもしれません。

また、犬が車内を動き回ることは、運転者の妨害になる可能性があります。

これが、道路交通法違反と見なされることがあるそうです。

排泄物の処理

長めのお出かけでは、排泄物の処理に悩む飼い主が多いようです。

特に、犬のフンの処理方法は自治体によって異なります。

そのため、拾ったフンを安易に人間用のトイレに流すことはできません。

かといって、車内に置いておくと、当然ですがニオイが気になります。

しっかり備えて、店舗や施設に入る前に排泄をすませておきましょう。

店内でのマナー

犬が利用できる施設とはいえ、マナーを身に付けていく必要があります。

基本的な訓練のほかに、お出かけ用の訓練もしてみましょう。

椅子の足元でおとなしくしたり、声掛けで排泄したりできると安心です。

愛犬がオスの場合は特に、マーキング対策が必要かもしれません。

また、必要に応じてオヤツやおもちゃを持っていきましょう。

ワクチン接種と迷子対策

店舗や宿泊施設にとって、利用者の安心は大切なことです。

そのため、ワクチン証明書の提示を求められることがあります。

おでかけの予定があれば、愛犬のワクチン接種を済ませておきましょう。

ワクチン証明書を持っていくことが、トラブル防止と安心につながります。

また、慣れない環境や土地勘のない場所では特に、迷子対策が大切です。

愛犬の首輪には、名前タグや鑑札を付けておいてください。

スポンサーリンク

愛犬とのおでかけにおすすめのグッズ5選

MKUTO 犬用シートベルト

車のヘッドレストに設置できる犬用シートベルトです。

クレートに入れっぱなしには抵抗がある、という人におすすめします。

長さ調節ができるので、愛犬の体格に合わせて使ってみてください。

使用する際は、首輪ではなくハーネスを付けると安全です。

本来の用途ではありませんが、椅子に犬を繋ぐときにも使えます。

一般的なリードより短く、飼い主の近くに繋いでおけるので便利です。

ドンパック (don-pac)

磁石で、車のボディーに貼ることができるエチケットケースです。

車内に排泄物を置くとニオイが気になるので、重宝しています。

サイズは、超小型犬でなければBIGが良いかもしれません。

デザインもスマートで、高速を走っても磁石は取れませんでした。

ただし、車体の形や塗装によっては、張り付きにくいことがあります。

おでかけ前に、張り付きを確認してみると良いでしょう。

ポップウェア ぺたんこボウル

シリコン製の折りたたみボウルです。

これがあれば、おでかけ先でも落ち着いて水が飲めます。

似たような商品の中では、しっかりしている印象がありました。

しかし、犬は慣れない容器を使うのを嫌がることがあります。

おでかけのときだけでなく、普段の散歩でも使ってみましょう。

カラビナなどでバッグの外に付ければ、濡れていても気になりません。

Teamoy 犬用マナーベルト

愛犬と店舗や施設に入るときは、外で排泄を済ませるのがマナーです。

しかし、犬は警戒心が高まると、自分の場所を主張しようとします。

そのため、慣れない外出先ではマーキングが増えるかもしれません。

万が一に備えて、マナーベルトをしておくと良いでしょう。

中にマナーパッドを入れて使えば、カバーは繰り返し使えます。

ベルトタイプはオス用で、メスの場合はサニタリーパンツで代用可能です。

MOFF キルティングカフェマット

愛犬自身は、訓練がしっかりできているかもしれません。

しかし、どうしても毛が落ちてしまうことがあります。

そこで、マットを持ち歩けば周りを汚す心配が減ります。

また、自分の場所を与えられたことで、犬が安心するはずです。

裏面にはすべり止め加工が施され、ツルツルした床でもずれません。

たたんだときに、面テープで留めておける点も便利です。

まとめ

おでかけのときは、まず飼い主のマナーと愛犬の訓練が大切です。

その準備ができたら、グッズで安心をサポートしてみましょう。

愛犬の性格やおでかけ先によって、必要なグッズも変わってきます。

快適なおでかけのために、さまざまなグッズを活用してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事