犬が伸びをするのはなんで?犬が伸びをする理由を解説
スポンサーリンク

犬が前足を伸ばしてストレッチをしているような姿は、ほとんどの人が見たことがあるでしょう。
特に寝起きなどに多く見られる動きですが、なぜ伸びをするのでしょうか?
この記事では、犬が伸びをする理由について解説します。

犬が伸びをする理由

ストレッチをしている

これは見たとおりですが、犬が伸びをするのはストレッチをしているのかもしれません。

私たち人間も、寝起きやずっと同じ姿勢であったときにストレッチをして身体を伸ばします。

寝起きに伸びをしている場合はリラックスをしている証拠ですので、現在の環境に満足していることがうかがえます。

遊びに誘っている

飼い主に向かって伸びをしている場合は、カーミングシグナルである可能性があります。

これはプレイバウと呼ばれ、人や犬といっしょに遊びたいときに行う仕草です。

プレイバウは長時間伸びをしないで一瞬だけ伸びの姿勢になるだけなので、ストレッチとの見分けは簡単にすることができるでしょう。

ストレスを感じている

犬はストレスを感じたときにも、伸びをすることがあります。

これは、ストレスにより出るあくびと同じような意味でしょう。

精神的なストレスにより固まった身体をほぐすために、伸びをするのだと考えられます。

また、飼い主に叱られた後や引っ越しなどで生活環境が変わったとき、トリミングの後などにも伸びをすることがあるでしょう。

痛みを我慢している

もしかしたら、伸びをするのは痛みを我慢しているのかもしれません。

身体の痛みを我慢するために伸びの姿勢になり、その際は身体を小刻みに震わせていることがあります。

ほとんどはお腹の痛みを我慢しているときに見られますので、犬が辛そうに伸びをしているときにはよく犬のことをチェックしてあげましょう。

尻尾が垂れ下がっている状態で辛そうに伸びをしているのであれば、身体のどこかに痛みを感じている可能性があります。

スポンサーリンク

まとめ

犬の行動のひとつひとつには、かならず理由があります。

特に伸びをするのは、犬を飼っている人であれば1日に何度も見かける行動のひとつでしょう。

ストレッチをしているのか、ストレスを感じているのか、または飼い主に遊びを誘っているのかを見極めることで、さらに愛犬との信頼関係を築くことができるかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事