身近にあるコレも?犬が食べてはいけないもの
スポンサーリンク

人が食べられるものは、犬に与えてもいいのでしょうか?
じつは、人に害のない食品でも、犬にとっては有害な場合があります。
身近な飲食物の中で、食べてはいけないものの中でも有名なものをご紹介します。

犬が食べてはいけないもの

ネギ

ネギだけに限らず、ネギ属の植物には有機チオ硫酸化合物が含まれます。

これ自体は悪いものではなく、身体を温めたり殺菌作用のある物質です。

しかし犬が摂取すると、赤血球が酸化して溶血性貧血を起こしてしまいます。

玉ねぎ、にんにく、らっきょう、ニラ、エシャロットなどもネギ属の植物です。

これらは、食べてはいけないものの代表敵なものですので気をつけましょう。

アボカド

アボカドに含まれるペルシンという物質は、多くの動物に有害です。

草食動物に比べれば軽度ですが、犬も消化器症状を起こすことがあります。

品種や加工方法により含有量は変化しますが、避けた方が安心でしょう。

またアボカドが、畑のバターと呼ばれているのは有名かもしれません。

その豊富な油分が、犬にとって膵炎の原因となる可能性があります。

ただし一部のドッグフードには、アボカドが含まれていることもあるでしょう。

品種によってアボカドを食べることも可能なので、ドッグフードにアボカドが含まれていても心配する必要はなさそうです。

ナッツ類

ナッツの中でも、マカダミアナッツとペカンナッツには、特に注意が必要です。

マカダミアナッツ中毒では嘔吐や痙攣などが見られ、死亡した例もあります。

また、ペカンナッツに含まれるジュグロンという物質は、胃腸障害の原因です。この2種類に限らず、ナッツは全般的に油分が多く、消化にも良くありません。

そして小型犬では特に、気管や消化管に詰まらせる事故も起きています。

食べてはいけないもの以外も、細かくつぶして少量与えるにとどめましょう。

チョコレート

チョコレートの原料であるカカオは、中毒物質であるテオブロミンやテオフィリンを含みます。

そのため犬が食べると、呼吸や心拍数の増加を起こしてしまいます。

加えて、有害物質を早く排出するため嘔吐や下痢を起こす場合もあるでしょう。

中には、致死量以下なら食べてはいけないものには入らない、という意見もあります。

しかし、リスクを上回る必要性があるとは考えにくく、おすすめできません。

また、カフェインもテオブロミンと同じメチルキサンチン誘導体です。

カフェインを多く含む飲料なども、与えないほうが良いとされています。

ブドウ

犬がブドウを食べると、急性腎不全になる可能性が高いといわれています。

しかし、その原因物質やメカニズムはまだ解明されていません。

ブドウを食べた場合、嘔吐のほか、下痢や震えが見られることがあります。

腎機能低下による死亡例もあり、絶対に犬が食べてはいけないもののひとつです。

生のブドウだけでなく、干しブドウなどの加工食品にも気をつけましょう。

キシリトール

キシリトールは、犬が食べてはいけないものとされています。

甘味料であるキシリトールは、直接犬に与える機会はないかもしれません。

しかし、人の菓子類には頻繁に使用される物質です。

犬がキシリトールを摂取すると、インスリンが過剰に分泌されます。

その結果、重度の低血糖や肝障害が引き起こされるのです。

菓子類を犬に与えたり、誤って犬が食べることのないよう注意しましょう。

調味料・香辛料など

塩分や糖分を過剰に摂取することは、犬にとって良いことではありません。

また、香辛料は刺激や作用が強すぎるので、食べてはいけないものが多いです。

特に乾燥させたスパイスは、少量であってもさまざまな成分が凝縮されています。

そのため、犬に調味料や香辛料を与えることは避けたほうが良いでしょう。

食品ではありませんが、植物の成分が濃縮された精油にも同じことが言えます。

アルコール

犬はアルコールの分解能力が非常に低い動物です。

そのため、少量でも急性アルコール中毒などを起こす場合があります。

アルコールは犬には刺激が強く危険な匂いに感じるはずですので、自ら飲もうとすることはないかもしれません。

しかし犬は甘みを好むため、糖度の高い酒類やジュースで割ったものなどは飲んでしまう場合があります。

人が飲んでいるものに興味がありそうだったからと、与えてはいけません。

また、アルコールを含む菓子類や、除菌用アルコールの誤飲にも気をつけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回ご紹介したのは、身近な食品の中で特に危険性が高いものです。

ほかにも与え方や量、部位によって体調不良を起こす食品があります。

そのためドッグフード以外を与える場合は、犬に与えても良いものかを調べるようにしましょう。

また食品だけでなく、植物などの中にも毒性を持つものがあるため、併せて注意が必要です。

スポンサーリンク
おすすめの記事