犬に懐かれやすい人の特徴は?懐かれる人・懐かれない人の違い
スポンサーリンク

「うちの犬、人見知りのはずなのにこの人には懐くんだよなぁ…」と、不思議に感じたことはありませんか?
実は、犬が懐きやすい人には特徴があるのです。
この記事では、犬に懐かれる人・懐かれない人の違いについてご説明します。

犬に懐かれる人の特徴

犬が喜ぶことをやっている

犬に懐かれるには、犬が喜ぶことをやることです。

例えばいっしょに遊んであげたり散歩に行くなど犬が喜ぶことを積極的にやることで、犬は「この人は楽しい人だ!」と理解するようになります。

すると、信頼関係がなくとも犬が懐いてくれるようになるはずです。

身の回りの世話をしてくれる

トイレ掃除やブラッシングなど、犬の身の回りの世話をしてくれる人にも、犬は懐きます。

ブラッシングは気持ち良いものですし、何より犬はブラッシングをされることで、自分を気にかけてくれていることを理解するでしょう。

異性

傾向として見られるのが、オス犬は女性に懐き、メス犬は男性に懐くということです。

これは嗅覚の優れた犬が、人間のフェロモンを嗅ぎ分けているのだと考えられています。

やはり犬は人間であっても異性のほうが好きなのでしょうか?

スポンサーリンク

犬に懐かれない人の特徴

暴力的・威圧的な人

当たり前のことですが、犬に対して暴力的・威圧的な人には懐きません。

犬は信頼関係のできていない人は、損得を基準にして懐きます。

そのため、自分に有害な人には懐くことはないでしょう。

しかし威圧的であっても、絶対的な信頼関係があれば犬は懐いてくれるはずです。

犬を見て緊張している人

犬は嗅覚に優れているため、私たちの汗のにおいまで嗅ぎ分けます。

そのため犬と向かい合ったときに緊張をすると、犬は人間の緊張による汗を嗅ぎ分けて、犬も緊張をしてしまうでしょう。

犬嫌いであったり、犬が苦手な人はあまり犬に懐かれないのは、そのためだと考えられます。

スキンシップが多い人

犬は初対面の人に対しては、少なからず警戒をしています。

そのため、初対面で突然ベタベタと触られるのはストレスに感じるかもしれません。

まずは人の手のにおいを嗅がせ、犬がその人に対して興味を持ちにおいを嗅ぎだすようになってから、撫でると良いでしょう。

まとめ

犬が懐くのは、必ず理由があります。

メリットのある人には懐くでしょうし、逆にデメリットを感じる人には懐きません。

つまりは、犬の立場になって考えてみることで、犬に懐かれやすい人になるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事