犬が泣くのは意外な理由!?犬が涙する理由について
スポンサーリンク

犬がホロリと涙を流していることはありませんか?
それを見た飼い主は「あれ!?なにか嫌なことしちゃったかな!?」と不安になるかもしれません。
しかし、犬が泣くのは、意外な理由なのでした。

犬が泣く理由

目にゴミが入ったから

犬が泣いている理由は、考えているよりも単純なことかもしれません。

目にゴミが入ったことにより、涙を流しているということが考えられます。

なぜなら、犬には悲しいという感情がないと言われているからです。

もちろん留守番中に感じる「寂しい」という気持ちや、知らない人に話しかけられたときなどの「不安」は感じます。

そのため、犬が涙を流しているのは、悲しいわけではなく目にゴミなどが入ったことによるものと推測されます。

犬は目に異物が入ると、人間のように器用に手でこすったりすることは難しいでしょう。

そのため、涙を大量に流し目の異物を取ろうとしているのです。

病気の可能性

もし頻繁に犬が涙を流しているようであれば、それは病気である可能性が考えられます。

角膜炎や結膜炎などで目が炎症を起こし、その症状として泣いているのかもしれません。

これらの病気は、目に被毛がかかっているなど、目に刺激がある犬種がなりやすいと言われています。

そのため、被毛による目への刺激がありそうな場合には、定期的なトリミングをすることをおすすめします。

目の病気は放っておくと、最悪の場合失明に陥る可能性もあるため、なるべく症状が軽いうちに対処をしたほうが良いでしょう。

一番の対処法は、もちろん動物病院へ連れて行くことです。

スポンサーリンク

まとめ

犬が涙を流しているのは、ほとんどの場合目にゴミが入ったときか、病気によるものでしょう。

角膜炎などの目の病気は、早期発見・早期治療が大切です。

そのため、日頃から犬とのコミュニケーションがてら体調管理もしっかりと行うことをおすすめします。

もしも頻繁に犬が涙を流していたら、一度獣医師に診てもらうと良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事