なぜ舐めるの?犬が飼い主を舐める理由
スポンサーリンク

犬を飼っている人のほとんどは、間違いなく一度は犬に舐められたことがあるでしょう。
顔はもちろん、手を舐められた経験のある人も多いと考えられます。
そこでこの記事では、犬が飼い主を舐める理由についてまとめました。

犬が飼い主の顔を舐める理由

挨拶

犬の祖先と言われている狼は、顔を舐めることは挨拶だと考えられていました。

狼と同様に、犬も挨拶をするときに顔を舐めるという説があります。

そのため飼い主の顔を舐めるのは、犬から人への挨拶をいう意味が込められています。

愛情表現

飼い主の顔をまんべんなく舐めるのは、愛情表現のひとつです。

帰宅時や遊んでいるときなどに顔を舐めてくるときは、飼い主へ愛情をたっぷり注いでいるのだと考えられます。

ただ、犬に執拗に舐められるのは、感染症などの可能性があるため、なるべくは避けたほうが良いでしょう。

知らない犬に舐められることを嫌う人もいるため、顔を舐めさせることはしつけで止めさせるべきだという意見もあります。

空腹

こちらも狼の名残だと言われていますが、犬は空腹時にも顔を舐めます。

これは、狼の子どもが空腹時に母の顔を舐める習性が残っているのだと考えられています。

つまりは犬は飼い主のことを母だと考えているのかもしれません。それほどの信頼関係があると言っても良いでしょう。

スポンサーリンク

犬が飼い主の手を舐める理由

遊びたい

犬が飼い主の手を舐めるときは、なにか要求をしているサインです。

ひとつは、遊びたい気持ちを手を舐めることで伝えていると考えられます。

最近愛犬と十分に遊ぶ時間を確保できているか、もう一度考え直してみてはいかがでしょうか?

反省している

犬を叱った後に手を舐めてくるときは、犬が反省していることを飼い主に伝えています。

つまり、犬は飼い主に叱られたことにより焦ってしまい、自分自身を落ち着かせるためにも、飼い主の手を舐めて反省していることを伝えているのです。

まとめ

犬が飼い主を舐めてくるときの理由に、思い当たるところはありましたか?

もちろん犬が飼い主を舐めるには、それなりの理由があるのです。

もしかしたら、ただ単に飼い主の顔や手に食べ物がついていたのかもしれません。

しかし、言葉を話すことができない犬だからこそのサインに、気を向けてあげてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事