犬に生肉を与えるのはOK?NG?生肉を与えるメリットとリスク
スポンサーリンク

愛犬の美しい被毛や丈夫な身体のために、生肉を食べさせたいという人もいます。
犬は生肉を食べても問題ないのでしょうか?
この記事では、肉を生で与えるメリットとリスクについて考えていきます。

犬は生肉を食べても大丈夫?

肉を食べること自体に問題はない

犬は、昔は肉を食べて生活していたといわれています。

そのため、犬の消化器官は肉の消化に適していると考えて良いでしょう。

しかし生肉には、寄生虫や細菌感染のリスクも潜んでいます。

そうしたリスクを避けるためには、肉の種類や鮮度に注意が必要です。

また、与えるときは少量から始めて、こまめに健康状態を観察しましょう。

スポンサーリンク

犬に生肉を与えるメリット

犬の消化器への負担が少ない

犬の歯や消化酵素などは、肉食に適した進化を遂げてきました。

そのため肉以外を食べることは、犬には負担が大きいとする説があります。

もちろん栄養バランスを考えると、食事のすべてを生肉にすることは困難でしょう。

しかし愛犬の負担軽減のために、何割かを肉に置き換えるのは良いかもしれません。

また、消化の負担を減らすことで、消化に使われる酵素の数を抑えることができるでしょう。

すると代謝に使われる酵素が増え、免疫力向上などが期待できるといわれています。

栄養素が失われにくい

酵素やビタミンは、加熱により壊れてしまうことが多い物質です。

また肉に含まれる乳酸菌も、高温で調理すると死滅するといわれています。

そうした栄養素を壊さない一番の方法は、加熱しないことです。

酵素やビタミンには、代謝を助けたり免疫力を高める作用があります。

また、乳酸菌により腸内環境の改善なども期待できるでしょう。

水分を摂ることができる

生肉は、ドッグフードに比べて水分が豊富です。

そのため、生肉を与えることが犬にとって脱水症の予防になります。

軽い脱水状態が長時間続くと、尿路結石などの原因にもなりかねません。

尿路結石は、手術が必要になることも多い病気です。

大きな病気のリスクを下げるためにも、食事で水分を補うと良いでしょう。

犬に生肉を与える際の注意点

寄生虫やウイルスに注意

動物の肉は、寄生虫や細菌に汚染されていることがあります。

代表的なものが、E型肝炎ウイルスやトキソプラズマです。

これらに犬が感染しても、人間のように激しい症状は現れにくいとされています。

しかし、感染症が犬の身体に悪影響を及ぼす可能性は否定できません。

寄生虫や細菌による食中毒予防に最も有効なのが、加熱処理です。

犬に生肉を与えることには、感染症や食中毒のリスクが伴うことを理解しておきましょう。

冷凍保存がおすすめ

生肉を冷蔵保存する場合は、3日以内が消費の目安です。

そのため4日以上保存する場合は、冷凍したほうが良いでしょう。

冷凍する際は1回に与える量ごとに小分けにして、密封してください。

また冷凍は鮮度を保つだけでなく、一部の寄生虫を死滅させるために有効です。

ただし、この方法では殺菌できないウイルスや細菌も存在します。

冷凍する場合でも、新鮮な生食用の肉以外を与えることは避けましょう。

犬に生で与えるなら新鮮な牛肉か馬肉

豚肉は、寄生虫やウイルス感染症のリスクが高く、人が生食することは禁じられています。

また、鶏肉も食中毒の原因菌となるカンピロバクターに汚染される確率が高い肉です。

そうした肉は、犬にも生で与えることは望ましくありません。

一方、牛肉や馬肉は安全性が高いといわれています。

ただし、食料品店で販売している食肉のほとんどは加熱処理が必要な商品です。

そのため牛肉や馬肉を与える場合も、必ず「生食用」と明示されたものを選んでください。

野生動物の肉は与えないほうが良い

近年ではジビエの流行とともに、シカやイノシシの肉も流通し始めています。

しかし野生動物は、家畜以上に寄生虫や細菌に感染している可能性が高い動物です。

特に猪肉は豚肉と同じく、生食に適していません。

またイノシシ以外の動物であっても、食中毒や感染症のリスクは伴います。

そうした肉を生で犬に与えることは、避けるべきでしょう。

ただし一部の犬用食品メーカーで、生の鹿肉などが販売されていることもあります。

もし購入する場合は、実績のある販売者から生食用と明示された商品を選んでください。

「食事が肉だけ」はNG

野生の肉食動物は、動物の内臓や脂肪も食べることで栄養バランスを保ちます。

ドッグフードを全て肉に置き換えると、栄養バランスが偏ってしまうかもしれません。

そのため、ドッグフードの2割を肉に置き換える程度が与える量の目安です。

犬の身体を慣らすため、少量ずつ徐々に増やして最終的に2割にしていきましょう。

まとめ

肉を与えること自体は、犬にとって悪いことではありません。

また、犬が生肉を食べることには栄養学的なメリットがあると考えられます。

しかし感染症予防の観点から見れば、犬が食べる肉にも加熱が必要です。

少しでも不安な場合は、加熱したほうが良いでしょう。

さまざまなリスクを理解した上で、生肉を与えるときは選び方や保存方法に注意してください。

また、少量から与え始め、体調不良が現れた場合は動物病院へ連れて行きましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事