国によって犬の鳴き声は違う?各国の犬の鳴き声の表現について
スポンサーリンク

日本人は、犬の鳴き声をどう表現するでしょうか?
おそらく、ほとんどの人が「ワンワン」と表現するはずです。
しかし、ほかの国では犬の鳴き声は別の表現をしています。
この記事では、各国の犬の鳴き声の表現についてご紹介します。

各国で犬の鳴き声はどう表現する?

アメリカ「Bow-wow(バウワウ)」

ペット大国であるアメリカは、犬の鳴き声をバウワウと表現します。

バウワウという鳴き声であれば、私たち日本人にも通じるでしょう。

むしろ、「ワンワン」よりもおしゃれな気がします。

ドイツ「Wau-wau(ワウワウ)」

ペット先進国のひとつでもあるドイツは、犬の鳴き声をワウワウと表現します。

実は、ドイツをはじめとしたヨーロッパ圏では、日本語よりも擬音語が存在しません。

そのため、ペットとしてポピュラーな犬であればワウワウという擬音が存在しますが、マイナーな動物であれば人によって鳴き声の表現が異なることもあります。

オランダ「Blaf-blaf(ブラフブラフ)」

少し特徴的な犬の鳴き声の表現をするのが、オランダです。

ブラフブラフという表現をしますが、声に出してみると意外にもそういっているように聞こえます。

アイスランド「Voff-voff(ヴォフヴォフ)」

アイスランドでは、犬の鳴き声をヴォフヴォフと表現します。

この鳴き声は、セントバーナードのような骨太の犬の鳴き声を表現しているのでしょうか?

小型犬の鳴き声には、あまり感じません。

韓国「Meong-meon(モンモン)」

日本と同じアジア圏の韓国では、一風変わった犬の鳴き声の表現をします。

モンモンという鳴き声は、あまり私たちには聞き馴染みのない表現です。

これは、韓国が原産の犬種、珍島犬(チンドケン)の鳴き声を表現しているのかもしれません。

ロシア「Gav-gav(ガフガフ)」

オオカミのような凶暴な犬が吠えるときのような表現をするのが、ロシアです。

これは犬といっしょに遊んでいて、ふとした瞬間に出る犬の声に似ています。

フランス「Quah-quah(ウワウワ)、Wouah-wouah(ワフワフ)」

フランスの犬の鳴き声の表現は、2種類あります。

ウワウワとワフワフという鳴き声が一般的で、犬が描かれている本には鳴き声としてこれのどちらかの鳴き声が採用されていることが多いです。

スポンサーリンク

まとめ

犬の鳴き声ひとつとっても、さまざまな表現がありとても楽しめます。

おそらく、これらの鳴き声は各国の発音や発声方法によって違うのでしょう。

犬の鳴き声の表現を知っていても犬との生活に得することはありませんが、ひとつの豆知識として覚えておいてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事