服従訓練にはマズルコントロールが有効?必要性ややり方について
スポンサーリンク

マズルとは、犬の口回りから鼻先の部分のことをいいます。
このマズルは犬にとって大切な部分です。
そこでしつけに効果的といわれる、犬のマズルコントロールの必要性ややり方を見てみましょう。

犬のマズルコントロールの必要性

マズルを触られるのは嫌がる

犬にとってマズルを押さえられるのは、命を差し出すのと同等です。

なぜなら、外敵から身を守るための口を押さえられてしまうと、何もすることができなくなってしまうからです。

本来は母犬が子犬に対して行うものであり、子犬がしてはいけないことをしたときに母親がマズルを噛み、生きる上でのルールを教えていくのです。

服従訓練に効果がある?

服従訓練をする上で、マズルコントロールは効果的だと考えられています。

本来は母犬が行うことを飼い主が行うことで、「この人がリーダーなんだ」と犬は理解してくれるからです。

しかし、信頼関係が築けていないのにマズルを掴むことは逆効果と考えられます。

必ず十分に遊んだり、信頼関係が築けてきたと感じたタイミングで行うようにしてください。

期待できる効果

しつけのほかにも、興奮している犬を落ち着かせることが期待できます。

興奮しやすい犬でも、冷静さを取り戻しやすくなる可能性があるでしょう。

また、日頃から行うことで犬が暴れにくくなるため、歯磨きや動物病院での診察も楽になります。

スポンサーリンク

マズルコントロールのやり方

犬の好きな部位を触る

いきなりマズルを掴んでしまうと、犬は嫌がるはずです。

そのため、まずはコミュニケーションも兼ねて犬が触られて好きな部位を触りましょう。

首回りや頭などを触られることが好きであることが多いです。

また、はじめるタイミングとしては、犬の力が弱い子犬の頃からはじめることをおすすめします。

優しくマズルを掴む

犬が落ち着いてから、優しくマズルを掴みましょう。

はじめのうちは、優しく掴んでから数秒大人しくしているだけでも褒めてあげます。

きつく掴むのでは、犬が抵抗してしまう可能性があるので、必ず優しく掴まなければいけません。

そして、徐々に掴む時間を長くしていきましょう。

そうすると、犬はマズルを掴まれることに慣れていくはずです。

マズルを上下左右に動かす

マズルコントロールは掴むだけではなく、コントロールをする必要があります。

そのため慣れてきたら、次はマズルを上下左右に動かしていきましょう。

ゆっくりグルグルと顔を回してみたり、軽く上を向かせたまま5秒停止するなど、さまざまな動きを行います。

これができるようになれば、完了といえるでしょう。

さらに高度なマズルコントロール

犬が飼い主に心を許している場合、飼い主があぐらをして、その上に犬を仰向けにして寝かせます。

そして犬を寝かせながらマズルコントロールをしてみましょう。

その状態でも犬がリラックスをしているのであれば、犬は最大限飼い主のことを信頼している証といえます。

マズルコントロールを行う際の注意点

必ず必要なことではない

あまりにも嫌がるのであれば、無理にやる必要はないでしょう。

それよりも、いっしょに遊んだりしてコミュニケーションをとったほうが、信頼関係はスムーズに築くことができます。

犬との信頼関係が築く上で、一番の近道はいっしょに散歩をしたり遊んだりすることです。

そうして信頼関係を築けた上で、さらに難しい訓練をしたいと考えたときに行うと良いでしょう。

トラウマがある犬に対しては行わない

マズルコントロールは、簡単にいうと犬の自由を奪って支配をするということです。

そのため過去に嫌な思いをして、人間に対してトラウマがある場合には行うべきではありません。

あくまでしつけや服従訓練の一環をして、行うようにしましょう。

まとめ

マズルコントロールは、犬を落ち着かせる効果が期待できます。

しかし、あまりにも嫌がる場合には、無理して行うことではありません。

あくまで、しつけや服従訓練の際に行うものです。

問題行動やしつけに困っている人は、一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事