シャキシャキ感にハマる犬も!犬にレタスを与えるメリットと注意点
スポンサーリンク

レタスは透明感のある色合いから、栄養が少ないと思われがちです。
しかし、実は種類によってさまざまな栄養素が含まれています。
犬が、レタスを食べるメリットはあるのでしょうか?
また、愛犬にどのくらいのレタスを与えて良いのでしょうか?
この記事ではレタスの栄養素や、犬に与える際の注意点などをご紹介します。

犬はレタスを食べても大丈夫?

基本的には食べても良い

レタスの葉には、犬が中毒を起こす物質は含まれていません。

そのため、量や調理方法に気をつければ、犬が食べても良い野菜です。

ただし、犬は人に比べて、食物繊維の消化能力が高くありません。

子犬や高齢犬、消化器が弱った犬に与えることは避けましょう。

持病がある場合は獣医師に相談を

野菜に含まれる成分は、犬の身体に悪影響を与えるものがあります。

特に、愛犬が腎臓や肝臓に問題を抱えているならば、注意が必要です。

そのほかにも持病がある場合は、レタスを与える前に獣医師に相談しましょう。

また、初めて食べる食材では、アレルギーの可能性もあります。

少量から与え、いつ何を与えたかカレンダーなどに記録しておきましょう。

スポンサーリンク

レタスに含まれる栄養素

カロテン

一口にレタスと言っても、いくつかの種類があります。

サラダ菜やリーフレタス、サニーレタスには、多くのカロテンが含まれます。

カロテンは、犬の体内でビタミンAに変換されて、さまざまな働きをします。

代表的な作用は、眼の機能を助けたり、ドライアイを防ぐことです。

また、抗酸化作用や免疫力向上、皮膚の保護などの作用があるとされています。

継続的に摂ることで、動脈硬化や脱毛を抑える効果が期待できるでしょう。

ビタミン

レタスの中でビタミンが多いのは、リーフレタスやサニーレタスでしょう。

ビタミンCは、免疫細胞の働きや鉄分の吸収を助ける栄養素です。

また、ビタミンKは骨の生成を助け、血液凝固を促進します。

ビタミンB群の葉酸も、赤血球や細胞の形成を促進する重要な栄養素です。

ビタミンは水溶性のものが多いため、摂取する場合は生食がおすすめです。

カリウム

レタスには、ミネラルの1種であるカリウムが多く含まれます。

特にリーフレタス100gでの含有量は、490mg前後と野菜の中でも多めです。

カリウムには、ナトリウムを排出する作用があることが分かっています。

そのため、犬の血圧を下げる効果が期待できます。

ただし、カリウムの作用は腎臓に大きな負担がかかります。

愛犬が腎臓疾患を抱えている場合は、生で与えることはおすすめできません。

カルシウム

レタスには、微量ですがカルシウムが含まれています。

カルシウムは、骨や歯の材料となることで広く知られています。

ビタミンKとの相乗効果で、犬の歯や骨の強化が期待できるでしょう。

また、骨だけでなく良い筋肉を作るためにも大切な栄養素です。

ラクチュコピクリン

あまり聞き慣れない名前ですが、ラクチュコピクリンは苦味物質の1つです。

この物質には、精神や神経の興奮を抑える作用があります。

そのため、鎮痛剤や鎮静剤として、人に重宝されていたといわれています。

新鮮なレタスの芯を切ると、白い液が出てくるのをご存知でしょうか。

ラクチュコピクリンはこの液体に多く含まれ、微量ながら葉にも存在します。

犬にレタスを与えるメリット

水分補給

レタスの最大の特徴は、重さの94%ともいわれる水分量です。

そのため、レタスを与えることで水分補給ができます。

暑い時期の脱水症状予防や、あまり飲水量が多くない犬におすすめです。

水分補給に向いているのは、水分量が多くカリウムが少ない玉レタスです。

ただし、水分量が多いとはいえ、食物繊維の過剰摂取は犬の負担となります。

犬の大きさや体調に合わせて、適切な量を与えてください。

ストレス軽減

レタスには、ビタミンCやラクチュコピクリンが含まれます。

ビタミンCは、抗ストレスホルモンの生成を促進する栄養素です。

また、ラクチュコピクリンには鎮静作用や鎮痛作用があると言われています。

いずれも含まれる量は微量ですが、緩やかな効果は期待できるでしょう。

どちらも水溶性の物質のため、茹でたり水にさらすと溶け出してしまいます。

ストレス軽減を目的として与える場合は、生で与えるのがおすすめです。

犬にレタスを与える際の注意点

芯や外葉は除ける

レタスの芯は、有用な物質も豊富な部位です。

しかし葉に比べて、芯は繊維が硬く消化に向きません。

また、土から吸収した農薬が集まりやすい場所でもあります。

同じく、外側の葉も農薬が付いている可能性が高い部位です。

犬に与える際は芯は取り除き、内側の葉を与えましょう。

そして与えるときは、ある程度細かく切ることをおすすめします。

そうすることで、犬の胃腸への負担を軽減することができます。

キシリトールは犬に悪影響?

キシリトールにより、犬が低血糖や肝機能障害を起こすことがあります。

レタスにはキシリトールが含まれているため、心配になるかもしれません。

しかし、犬が中毒を起こす主な原因は、人が食べている菓子類です。

レタスの場合、2kgの犬が2玉程度食べなければ、致死量には至りません。

健康な犬の場合は、11葉ならば健康上の問題はないといえるでしょう。

目的によって調理法を分ける

レタスには、犬の身体に良い物質がたくさん含まれています。

しかしその中には、熱や水に弱い物質が多いです。

そうした物質を摂ることが目的の場合は、生の葉を与えるのが良いでしょう。

しかし腎臓の負担や、頻尿が気になる場合もあると思います。

そうしたときには茹でることで、カリウムを流出させることができます。

腎臓疾患のある犬に関しては、あくまでも与える場合の工夫です。

与えて大丈夫かは、獣医師に確認することをおすすめします。

犬が食べて良いレタスの量

犬は、1日に何グラムの玉レタスを食べて良いのでしょうか。

超小型犬=3kg、中型犬=12kg、大型犬=20程度として考えます。

超小型犬では15g、中型犬で50g、大型犬では90gがおおよその摂取目安量です。

リーフレタスやサニーレタスは、栄養素が玉レタスの24倍含まれます。

そうした品種の場合は、玉レタスの半分程度の量を目安にしてください。

初めて与える場合は少量から与え、体調を見ながら徐々に増やしましょう。

まとめ

レタスの特徴は、なんといっても水分量が多いことです。

しかし、ビタミンやカリウムなどの栄養素も含まれています。

それらを効率的に摂取するには、生食が向いているでしょう。

しかし含まれるカリウムにより、腎臓に負担がかかると考えられます。

与える前に、愛犬の体調に合わせた与え方を検討しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事