安全な散歩のために!リーダーウォークの方法について
スポンサーリンク

リーダーウォークという言葉を聞いたことはありますか?
リーダーウォークとは、犬との信頼関係を築くにも大切なものです。
この記事では、リーダーウォークについてまとめました。

リーダーウォークとは?

犬が飼い主の横を歩く

リーダーウォークとは、犬が飼い主の横を自発的に歩くことをいいます。

自発的に歩くということが大切で、さらに飼い主の横を歩くことがリーダーウォークです。

服従訓練に必要?

リーダーウォークとはその名の通り、飼い主=リーダーが犬を先導して歩くことです。

犬の散歩は、犬が先導して歩くのは好ましくありません。

飼い主の散歩に犬が付いてくるのが、犬の散歩であるからです。

犬の散歩に飼い主が付いて行くのであれば、それは犬がリーダーになっているのと同じといえます。

スポンサーリンク

リーダーウォークの必要性

引っ張り癖がつかない

リーダーウォークをすることで、犬の引っ張り癖がつくことはなくなるでしょう。

引っ張り癖は、犬が急に道路に飛び出してしまったり、子どもを追いかけようとするなど、さまざまな危険が伴います。

しかしリーダーウォークをすることで、そういった散歩中の犬の問題行動はなくなるはずです。

犬の身体に負担がかからない

よく引っ張り癖がある犬で、散歩をしながら「ヒューヒュー」、「ゼェゼェ」と苦しそうな声を出しながら歩いている犬を見かけます。

これは見ていてとても苦しそうですが、実際に犬に悪影響があるのです。

飼い主が犬を抑えようとしてリードを引っ張ることで、犬の頸椎や首に大きな負担がかかります。

また首が締まることで脳への血流が低下し、脳のトラブルに発展することもあるでしょう。

リーダーウォークは本当に必要?

ドッグトレーナーによってリーダーウォークが必要かどうか、意見が分かれます。

リーダーウォークが必要だという意見としては、先述したような引っ張り癖などのリスク軽減などが挙げられます。

また、リーダーウォークが不要だという人は、「散歩は散歩、訓練は訓練」であるため、散歩中は犬の自由にさせるべきという考えです。

もちろんどちらの意見も間違ってはいません。

そのため、犬の性格などを踏まえてリーダーウォークが必要かどうかを判断すると良いでしょう。

リーダーウォークのしつけ方法

飼い主の左側に座らせる

リーダーウォークは、飼い主の左側をぴったりとくっつきながら歩きます。

そのため、まずは犬が飼い主の左側に立つことを慣れさせることが大切です。

まずは犬を座らせて、犬の右側に立ちます。

そして犬を褒めながら、おやつなどのご褒美を与えましょう。

一歩だけ歩く

犬が慣れてきたら、実際に歩いてみましょう。

犬の右側に立った飼い主が一歩前に進み、犬の名前を呼びます。

そして犬が歩き出したら、思い切り褒めてあげましょう。

まずは、これを続けてみます。

歩数を増やす

さらに慣れてきたら、歩数を増やします。

5歩、10歩と歩数を増やしても犬が付いてくるようになったら完了です。

しかし、犬が飼い主の前を歩くようであれば逆方向に方向転換をしたり、左方向に曲がって犬が前に出ないようにしましょう。

また、犬が地面のにおいを嗅ぎ出したらしっかりと叱る必要もあります。

まとめ

リーダーウォークは、たしかに快適に散歩をするためには必要なことです。

しかし筆者である私としては、リーダーウォークはおすすめできません。

なぜなら、散歩は犬にとってストレス解消の場でもあるからです。

リーダーウォークは犬が自由に地面のにおいを嗅いだり、歩き回ったりすることができないため、犬がストレスを感じる可能性があります。

もちろん犬種によっては、リーダーウォークが必要な場合もあるでしょう。

しかし、リーダーウォークをするときはしっかりと訓練として臨んだほうが犬としても生活にメリハリがつくはずです。

もちろん服従訓練をするときにはリーダーウォークが必要となってきますので、教えておいたほうが良いといえるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事