散歩の不安を解決したい!犬用首輪のおすすめ5選
スポンサーリンク

毎日使っていて「この首輪で大丈夫?」と感じることは無いでしょうか?
愛犬に直接触れる道具なので、首輪に関係する不安や問題は多いものです。
この記事では、犬用首輪の必要性や、おすすめの首輪5選を紹介します。

犬に首輪をする目的は?

犬の安全を守るための首輪

犬の興奮や警戒心が高まると、予想外の行動が事故につながるかもしれません。

また、ノーリードが周囲とのトラブルの原因になることがあります。

そうした状況にならないために、外ではリードの着用が必要です。

そして、愛犬を安全に繋いでおくためには、身体に合った首輪が必要です。

首回りなどをしっかり計測したうえで、抜けにくいものを選びましょう。

訓練用としての首輪

散歩の途中で、犬が飛び出したり、吠えたりすることはないでしょうか。

そんなときは、言葉による指示と併せて、リードを引いて注意を促します。

そうした場合は、ハーネスより首輪のほうが指示が伝わりやすいでしょう。

特に引っ張りが強い犬には、チョークチェーンが役立つかもしれません。

このタイプは、飼い主がリードを引くことで首輪が締まります。

ただし、ストレスや締め付けを伴うため、使用には注意が必要です。

迷子防止のための首輪

犬を繋いでおく以外にも、首輪には大切な役割があります。

それは、犬の身元を確認する手がかりとなることです。

もしかすると、愛犬が脱走や災害によって迷子になるかもしれません。

万が一に備えて、普段から鑑札や名前札を首輪に付けましょう。

それだけで、迷子になった愛犬が飼い主の元に戻れる確率が上がります。

スポンサーリンク

犬の首輪で気を付けたいこと

サイズや素材を確認する

ゆるい首輪は、散歩の途中で抜けてしまう可能性があります。

逆に、きつい首輪は、当然のことながら犬の苦痛になるでしょう。

そのため、体重や犬種だけを参考に首輪を選ぶのは、おすすめできません。

しっかりと愛犬の首や胴を計測してから選びましょう。

また、素材や造りによって耐久性はさまざまです。

縫い目や金具などに劣化がないか、定期的に確認してみてください。

首輪=嫌なものと思わせない

中には、首輪に嫌なイメージを持ってしまう犬もいます。

特に初めて首輪を付ける子犬は、違和感を感じて嫌がるでしょう。

また、首輪を「行きたくない場所へ行く前触れ

と感じている犬もいます。

そのため、最初は軽くてかさばらないものを付けて慣れさせてください。

また、首輪を付けた後で、良いことがあったという印象付けも大切です。

首輪を付けた状態で、一緒に遊んだり褒めたりする機会を作りましょう。

首輪が負担にならないように

重すぎる首輪は犬の頸椎や肩の負担になることもあります。

また、硬い首輪は、当たっている部分の毛が切れてしまいがちです。

首輪を付けたときは、姿勢や皮膚、毛の状態などを確認しましょう。

もし、脱走や災害に備えて室内で首輪をする場合も同様です。

散歩用と別に、軽めの室内用首輪を用意しても良いかもしれません。

おすすめの犬用首輪

beanspet 本革ハーフチョーク首輪

革製で、手ごろな値段ながら、きれいな造りだと思います。

首輪の半分がチョークチェーンになっているタイプの首輪です。

フルチョークよりは犬の苦痛が少ないので、安心して使えます。

ただし、常に締め付けている状態にすることは避けてください。

また、引っ張り癖を直すときは、首輪だけに頼らないようにしましょう。

横に付くことができたときに、褒めたりオヤツをあげるのも効果的です。

Truelove ナイロン製首輪

ナイロン製で、通気性に優れた首輪です。

首輪を洗うときや水遊びの後も、乾きやすいので重宝します。

また、反射材が付いているので、暗い時間の散歩にも便利です。

XXSXXLとサイズが豊富で、愛犬に合ったものを選べるでしょう。

少しかさばる印象ですが、幅が広く軽量なので犬への負担は少なそうです。

SAKURA DOGWARE FACTORY おなまえ首輪

首輪から鑑札を下げると、気になってしまう犬もいるでしょう。

そんなときは、首輪とプレートが一体になっていれば安心です。

名前だけでなく連絡先も記載すれば、迷子のときに役立ちます。

また、造りが細めなので、小型犬が付けても違和感がありません。

厚めの皮が使用されていて、耐久性には期待できそうです。

Rabbitgoo 犬用 スポンジメッシュ ハーネス

アウトドアにもピッタリなデザインのハーネスです。

ハーネス型は、首への負担を減らしたい場合に、特におすすめです。

ハーネスは装着が難しいと考える人もいるかもしれません。

しかし、この商品は犬の足を持ち上げずに装着可能です。

もし、愛犬が足を触られるのが苦手でも、簡単に装着できるでしょう。

内側がスポンジメッシュで柔らかいのも、嬉しいポイントです。

ZUNEA 犬用ハーネス

ハーネスは、力の強い大型犬に使うイメージがあるかもしれません。

しかし、超小型犬や短頭種は気管虚脱という病気になりがちです。

そこで、首への負担を減らすためにハーネスをおすすめします。

この商品はベストのような形で、首にかかる衝撃を分散できるでしょう。

価格が手ごろなので、洗濯用に複数買うのも良いかもしれません。

まとめ

日々の散歩は、犬にとって運動やストレス解消になります。

一方で、散歩は愛犬の社会化や訓練の機会でもあると意識しましょう。

その上で、犬の行動や体形に合わせた首輪を選んでみてください。

首輪が、愛犬の問題を解決する助けになるかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事