犬の肛門腺絞りをしよう!肛門腺絞りのやり方・必要性について
スポンサーリンク

肛門腺という言葉を聞いたことはありますか?
犬を飼っている人であれば、「聞いたことくらいはある」という人は多いのではないでしょうか?
しかし肛門腺とはそもそも何なのか、肛門腺絞りは必要なのかまでは知らないかもしれません。
そこでこの記事では、犬の肛門腺について解説しています。

犬の肛門腺絞りについて

肛門腺とは?

肛門腺とは、肛門嚢(のう)ともいわれます。

犬の肛門の少し下にあり、その中には強いにおいの分泌物が溜まっているのです。

はじめて会う犬同士がお尻のにおいを嗅ぐのは、この肛門腺のにおいを嗅いでいます。

この肛門腺のにおいは犬によって違うといわれており、犬はこの肛門腺のにおいを嗅いだだけで、相手が初対面かどうか判別することができます。

肛門腺絞りの必要性

肛門腺は、犬の便とともに体外に排出されます。

なので、肛門腺絞りを行わなくても良いと感じてしまうかもしれません。

しかし犬の肛門腺絞りは、現代に生きる犬は行わなければならないでしょう。

犬がまだ野生で暮らしていた頃は、肛門腺にはマーキングの役割もありました。

そのため、以前は自力で肛門腺を絞り出すための「肛門括約筋」という筋肉が発達しておりましたが、現在の犬はペットとして飼われているため、テリトリーを強く主張する必要もなくなってきました。

そのため、この肛門括約筋が弱くなってきているともいわれています。

特に日本でも人気の高い小型犬や、高齢犬などは自力で肛門腺を排出することが難しいため、私たち飼い主が行わなければなりません。

肛門腺を絞らずに放置しておくと、肛門腺が破裂したり炎症を起こしたりしてしまいます。

これらのことから、肛門腺絞りは必ず行わなければならないものだと認識しておきましょう。

スポンサーリンク

犬の肛門腺絞りのやり方

犬の尻尾を上げてゆっくりと絞り出す

まずは、犬の尻尾を上に持ち上げます。

これは飛び出た肛門腺が、尻尾を汚してしまわないためです。

次に、肛門腺を絞っていきましょう。

肛門の下の両脇を親指と人差し指を使い、軽く圧迫してみます。

そして肛門腺の位置を確認したら、ゆっくりと力を入れて肛門腺を絞り出しましょう。

その際、肛門腺が飛び散ってしまう可能性があるため、手のひらでガードをしながら絞ります。

犬の肛門腺絞りの頻度は?

犬の肛門腺絞りは、月に1回程度の頻度で行うようにしましょう。

また、犬の肛門腺絞りを行う際は、絞りすぎに注意しなければなりません。

定期的に行わなければなりませんが、肛門腺絞りのやりすぎは逆に肛門腺を傷つけて炎症を起こしてしまう可能性があります。

もし肛門腺絞りをして血のような赤っぽい肛門腺が出てきた場合は、すでに炎症していることも考えられますので、一度獣医師に診てもらうようにしましょう。

お風呂場でやるのがおすすめ!

肛門腺は、かなり強烈なにおいを発します。

はっきりいうと、かなり臭いです。

そのため、犬の肛門腺絞りをする際は、お風呂場で行うことをおすすめします。

お風呂場で行うことで、飛び散った肛門腺をそのまま流すことができますし、もし犬の身体が汚れてもすぐに洗い流すことが可能です。

まとめ

犬をトリミングサロンに連れて行っている人は、実はトリマーが肛門腺絞りをしてくれています。

そのため、定期的に犬をトリミングサロンに連れて行っている場合には、飼い主側が肛門腺絞りを行う必要はないでしょう。

しかしそうでない場合は、定期的に肛門腺絞りを行う必要があります。

月に1回を目安にして、お風呂場でシャンプー前にでも行うと良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事