きのこは犬が食べても大丈夫?与える場合の注意点とは
スポンサーリンク

きのこは種類が豊富で、私たち人間も食べる機会が多い食材です。
ローカロリーにもかかわらず、食べごたえがあるといったメリットもあります。
さまざまな健康効果が期待できそうですが、犬に与えても大丈夫なのでしょうか?
この記事では、犬が食べても良いきのこや、与える際の注意点をご紹介します。

犬が食べても良いきのこの種類

舞茸

きのこはβ-グルカンを摂るのに適した食材です。

その中でも、舞茸は特に豊富なβ-グルカンを含んでいます。

β-グルカンは、免疫細胞に働きかける作用を持った食物繊維の一種です。

舞茸を犬に与えることで、免疫機能の活性化が期待できるでしょう。

また、アレルギー症状を緩和する可能性にも注目が集まっています。

マッシュルーム

マッシュルームは、ビタミンB群の多いきのこです。

中でも、ビタミンB2とパントテン酸を豊富に含んでいます。

ビタミンB2には、愛犬の粘膜や皮膚を守る効果が期待できるでしょう。

またパントテン酸は、体内で酵素や抗体の生産に広く関与している物質です。

犬の代謝や免疫機能を保つため、こまめに摂取したほうがよいと考えられます。

しめじ

しめじは、ビタミンをバランス良く摂ることができるきのこです。

特にビタミンDが多く、愛犬の骨や歯を丈夫にする効果が期待できます。

犬は人間と違い、ビタミンDを体内で生成することができません。

そのため、食品から摂取することが大切です。

また、しめじはエルゴステロールという物質を多く含みます。

エルゴステロールは、紫外線にあたることでビタミンD2に変化する物質です。

この物質には、抗腫瘍作用が期待できるといわれています。

しいたけ

しいたけは匂いのクセが強いですが、好む人も多いでしょう。

その香りを生み出しているのは、レンチナンという物質です。

レンチナンは、精製して抗悪性腫瘍剤の材料とされた時期がありました。

食材として摂るだけでも、愛犬の免疫力向上は期待できると考えられます。

そしてもう1つ注目されるのが、エリタデニンです。

しいたけに特異的に多い物質で、コレステロール値を下げる作用があります。

なめこ

なめこの特徴は、なんといってもヌメリの強さです。

このヌメリの主成分は、ムチンと呼ばれる糖とタンパク質の結合体です。

ムチンは、胃や腸、眼、鼻などの粘膜を守る粘液の主成分になります。

そのため、犬が摂取することで、粘膜の保護機能を高めることが期待できるでしょう。

また、ムチンはタンパク質の吸収を助け、疲労回復に役立つともされています。ただし、なめこは食中毒菌が繁殖しやすいきのこです。

食中毒菌の殺菌のため、75℃以上で2分以上加熱しましょう。

加熱をするときは電子レンジでなく、しっかりと煮ることがおすすめです。

黒きくらげ

きくらげは、ビタミンD2の摂取に適したきのこです。

ビタミンD2は、生きくらげ100mg12μgほど含まれます。

また、きのこの中では鉄分が多く、愛犬の貧血予防が期待できるでしょう。

さらに、食物繊維もゴボウの3倍程度と豊富です。

ただし、乾燥きくらげは水分を含むと10倍ほどの膨張します。

犬に与える場合は、必ず十分に水戻しした状態で、加熱してから与えましょう。

スポンサーリンク

犬が食べてはいけないきのこの種類

自生しているきのこは食べさせないで

きのこには多くの種類があり、有毒種も身近に存在します。

その中から食べられる種類を正確に見分けるのは、非常に困難です。

中毒を起こした場合、下痢や嘔吐にとどまらず命に係わることもあります。

愛犬を食中毒から守るため、食用に販売されているものを与えましょう。

犬にきのこを与える際の注意点

与えるときは加熱してから

きのこは、雑菌が繁殖しやすいといわれています。

生で食べられるのは収穫直後のマッシュルームなど、一部のきのこだけです。

食中毒予防のため、犬にきのこを与える場合は必ず十分に火を通しましょう。

電子レンジでは加熱ムラが出やすいため、焼くか茹でることがおすすめです。

また、加熱することで食物繊維が壊れ、消化しやすくなるといわれています。

細かくして与える

きのこは、非常に食物繊維の多い食材です。

また、犬は食物繊維の消化が不得意だと言われています。

そのため犬にきのこを与える場合は、細かくしてから与えましょう。

細切れには食感が残るというメリットがありますが、少し手間がかかります。

そんなときは一旦加熱したものを冷凍しておいて、すりおろすという方法が便利です。

冷蔵または冷凍保存を

きのこを冷蔵保存する場合は、1週間以内が使い切りの目安です。

冷蔵するときは、結露しないようにキッチンペーパーに包むと良いでしょう。

また冷凍保存であれば、1ヶ月程度の保存が可能と言われています。

冷蔵する場合は石づきを取り、1回に使用する量ごとに小分にしてください。

ですがここに書かれた保存期間は、あくまでも目安です。

与える前ににおいや色を確認し、異常があれば破棄しましょう。

犬が食べて良いきのこの量

犬は、1日に何gのきのこを食べて良いのでしょうか。

犬の体重をそれぞれ小型犬3kg、中型犬12kg、大型犬を20kgと仮定してご説明します。

小型犬の場合は15g、中型犬が50g、そして大型犬は90gが目安です。

重量の基準は、生きのこ、または水で十分に戻した乾物の重量で考えました。初めて与える場合は少量から与え、体調を見ながら徐々に増やしましょう。

まとめ

きのこは、種類によって含まれる成分が大きく異なります。

愛犬に与えたい栄養素に合わせて、きのこの種類を選ぶと良いでしょう。

食中毒予防のため、食用として販売されたものを加熱して与えてください。

また、与えるときは必ず細かく切って、少量から与えはじめる必要があります。

持病やアレルギーがある場合は、与える前に獣医師に相談しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事