犬のしつけがうまくいかないのは、犬を構いすぎていることが原因?
スポンサーリンク

犬のしつけがうまくいかなくて、悩んだ経験を持つ人は多いのではないでしょうか。
実は、犬のしつけがうまくいかないのは、犬を構いすぎていることが原因であるかもしれません。
そこでこの記事では、犬に構いすぎることによるデメリットについてご紹介します。

犬を構いすぎることによるデメリット

生活のオンオフができなくなる

いつでもどこでも犬を構ってしまうと、犬は生活のオンオフができなくなってしまうことが考えられます。

犬が部屋でゆっくりと休みたいのに、飼い主に触られる、これは私たちが考える以上に犬にとってストレスとなるのです。

そのため、しつけをするときはしっかりとコミュニケーションをとり、休むときには休むなど、メリハリをつけて生活をするようにしましょう。

分離不安になる可能性が

犬を四六時中構い続けると、犬が分離不安になる可能性があります。

分離不安とは、犬が飼い主と離れることでパニックになり、家具や家電を破壊したり、粗相をするなどの問題行動をとってしまう病気です。

分離不安は犬がいたずら好きというわけではなく、精神的な病気であることを理解しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

犬にも私たち人間と同じように休息が必要です。

しつけのオンオフはもちろん、生活をする上でもオンオフができなければ、犬にとって大きなストレスとなってしまいます。

そのため、犬と程よい距離を保って生活をすることが、犬との信頼関係の構築にも繋がるでしょう。

もちろん犬と遊ぶときには、思い切り遊んであげてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事