室内犬が快適に過ごすことができる適温は何度?
スポンサーリンク

犬を室内飼いしていても、適温を保つことができなければ熱中症や寒さを感じる原因となってしまいます。
また、汗腺が鼻と肉球にしかないといわれている犬は、自分で体温調節をすることが苦手です。
この記事では、室内犬が快適に過ごすことができる適温についてご紹介します。

室内犬が快適に過ごすことができる温度

25℃前後が目安

犬種や個体差はありますが、犬が室内で快適に過ごすことができるのは25℃前後といわれています。

暑さに弱いといわれているダブルコートであれば、23℃前後でもよいでしょう。

ただし、エアコンの風は設定温度よりも犬の身体が冷えることが考えられるため、2527℃で設定しておくことをおすすめします。

犬が暑いと感じているときにする仕草

犬が暑いと感じたら、涼しい場所を探して部屋中をウロウロと歩き回ります。

また、舌を出してハァハァと息遣いが荒くなることもあるでしょう。

これはパンディングと呼ばれ、息遣いを荒くすることで体温を調節しているのだといわれています。

犬の呼吸が荒くなったときは、なるべく早めに室内温度を下げてあげる必要があるでしょう。

犬が寒いと感じているときにする仕草

犬が寒いと感じた場合には、身体をブルブルと震わせるでしょう。

また、敷いてある布団に潜り込むなど、寒さから身を守るような仕草を見せることが多いです。

湿度は50~60%が理想

犬が室内で快適に過ごすためには、湿度にも気を遣う必要があります。

暑い時期は湿度がかなり高くなるため、熱中症の危険性も高まるでしょう。

そのため、除湿器やエアコンのドライ機能などを使用して、湿度を5060%に保つようにすることがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

室内犬が快適に過ごすことができるのは、25℃前後の室温と50%前後の湿度を目安にしましょう。

犬の熱中症は命に係わることがありますし、寒いと感じるのもゆっくりと寝ることができない原因になります。

犬を飼っている以上、飼い主よりも自分で体温調整が難しい犬のことを最優先に考えて、室温と湿度を一定に保つ努力をしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事