犬をはじめて飼う人必見!犬を迎え入れるときの準備・必要なこと
スポンサーリンク

ペットショップやブリーダー、または保健所など、私たちが犬を飼おうとするとさまざまな選択肢があります。
特に日本ではペットショップが多くあるため、つい可愛い子犬を飼いたくなってしまうでしょう。
しかし、軽い気持ちで犬を飼うことが犬にとって幸せであるかは疑問です。
そこでこの記事では、犬をはじめて飼う人が覚えておきたい、犬を飼う準備や飼ってからすぐに行うことについてご紹介します。

犬を飼う前に準備するもの

ケージやトイレシート

基本的に犬は室内で放し飼いにすることが多いでしょう。

もちろん寝るときは寝室でいっしょに寝ても構いませんし、室内で自由に遊ばせることも問題はないです。

しかし、犬にも自分の部屋を用意してあげなければなりません。

落ち着かないときや不安なときに、ゆっくりすることができるよう、室内にケージを準備してあげましょう。

また、犬を迎え入れてすぐはトイレトレーニングが始まりますので、事前にトイレシートも準備しておく必要があります。

おもちゃ

犬と仲良くなるには、おもちゃやボールなどが最適です。

間違っても自分の手で遊ぶようなことはしないようにしましょう。

自分の手で遊ぶと、成犬になってから噛み癖がつく可能性が高くなります。

ドッグフード

当たり前のことですが、犬の成長のためにはドッグフードは欠かせません。

そのため、子犬であれば子犬用のドッグフードを準備する必要があります。

可能であれば、いままでどんなドッグフードを与えていたかを確認し、はじめのうちはそのドッグフードを与え続けたほうが、犬にストレスはかかりにくくなるでしょう。

スポンサーリンク

犬を飼ってすぐに行うこと

トイレトレーニング

犬はしつけが必要な動物です。

特にトイレトレーニングは、家に迎え入れたその日から行う必要があるしつけのひとつです。

最初にトイレトレーニングを失敗してしまうと、悪い癖がついてしまい、その後トイレトレーニングをし直すことはかなりの労力になってしまいます。

散歩はワクチンが完了してから

はじめて犬を迎え入れると、いっしょに散歩をしたくてたまらなくなるでしょう。

しかし、犬はワクチン接種を完了しなければ外に出ることができません。

そのため、しっかりとワクチン接種が完了するまで動物病院へ通い、獣医師から散歩の許可が出るまでは室内で犬とコミュニケーションを図るようにしましょう。

まとめ

犬を迎え入れてすぐには、トイレトレーニング以外のしつけはする必要はないでしょう。

はじめのうちはしつけのことは考えず、犬とコミュニケーションをとることを第一としてください。

そうすることで自然と信頼関係ができ、スムーズにしつけに入ることができるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事