ドッグトレーナー直伝!しつけで本当に大切な3つのこと
スポンサーリンク

犬と飼い主がともに快適に生活をするには、日々のしつけが重要になります。
しつけを満足にされていない犬は、吠え癖・引っ張り癖などの問題行動が多く見られます。
その一方で、十分にしつけをされている犬は日頃叱られることがないためストレスを抱えることが少なく、お互いに快適に過ごすことができます。

犬のしつけで大切な3つのこと

しつけは褒めて伸ばす!

犬を褒めるというのは、しつけの基本です。

私たち人間も、叱られて喜ぶ人は少ないはずです。犬も同様に、叱られるよりも褒められたほうが嬉しいのです。

犬は飼い主に褒められると、「飼い主が喜んでくれて嬉しい!」と感じ、さらにしつけのモチベーションが上がります。

褒められることは犬にとって自信に繋がります。そして、褒められることによって犬は褒めてくれる飼い主のことをもっと好きになります。

このように犬のしつけでは、褒めることを重点に置くことで高い成果を得ることができます。

Point
犬は褒められることによって自信がつく
叱るよりも褒めることを重点に置く

叱るときは一瞬!

犬を叱るにはコツが必要です。

例えば留守にしていた間に犬がいたずらをしていた場合。

犬をいたずらしていた現場に連れて行き、「なんでこんなことするの!だめ!いけない!」などと叱ることは絶対にやめましょう。

この叱り方がいけない理由は2点。

まずは「現行犯ではない」ということ。犬を叱る際はすべて現行犯でなければ意味がありません。

そして2点目は「くどくどと説教をしている」ことです。

犬を叱るときは「だめ!」と一瞬叱るだけで、犬は叱られていることを理解します。

これは犬がいたずらをしていたときの例ですが、しつけを行う際も同様です。

犬のしつけをスムーズに行うためには、叱り方はとても大切です。

「犬を叱るときは一瞬!」を忘れないようにしてください。

Point
現行犯以外では叱らない
説教をしない
犬を叱るときは一瞬で叱る

褒めるときは大袈裟に!

犬は飼い主に褒められることをモチベーションにし、しつけに取り組んでくれます。

しかし、飼い主の褒め方が十分ではないと、犬は徐々にやる気を失ってしまいます。

しつけは楽しいものでなくてはいけません。

犬が一度「飼い主とのしつけはつまらない」と感じてしまったら、嫌々飼い主のしつけに付き合うことになります。

そうなってしまったら「しつけは楽しい」ということを感じさせるのに時間がかかってしまうでしょう。

そのため、犬を褒めるときにはプライドを捨てて大袈裟に褒めるようにしてください。

「叱るときは一瞬」と先述しましたが、褒めるときは一瞬ではなく、なるべく長い間褒めるようにしましょう。

時間にすると大体1020秒程が目安です。

犬の身体を軽く叩いたり、犬と一緒に走り回りながら「すごい!えらいね!〇〇(名前)は天才!」などと大きな声で叫びながら犬を褒めてあげてください。

犬を褒める際は、なるべく高い声で褒めるとさらに犬は褒められていることを理解します。

そして褒めた後にはご褒美を与えましょう。

犬とのコミュニケーションのためにも、ご褒美はボールなどのおもちゃをおすすめします。

これを続けることで、必ず犬との信頼関係は必ず良くなっていくでしょう。

Point
犬を褒めるときはプライドを捨てる
褒めるときは時間をかけて
褒めた後にはご褒美を与える
スポンサーリンク

まとめ

犬をしっかりと褒めてしっかりと叱ることで、必ずしつけは成長していきます。

「犬に何度しつけをしても成長しない…」と悩んでいる人は、もしかしたら自分のしつけの仕方が原因であるのかもしれません。

犬との信頼関係を築きお互い快適に生活をするためにも、正しいしつけの方法を学んでいきましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事