犬のいびきは病気が原因!?犬がいびきをかく理由と対策
スポンサーリンク

「いつもは静かに寝ているのに、最近になって犬がいびきをかくようになった…」と感じることはありませんか?
そもそもいびきは、呼吸をしてときに通る呼吸器に空気が振動して出るものです。
私たち人間もいびきをかくことはありますが、犬も同様にさまざまな理由によっていびきをかいているのです。

犬がいびきをかく理由

肥満

人間でも、肥満気味の人はいびきをかきやすいです。

なぜなら、首回りについて脂肪によって喉が狭くなってしまうため、その分いびきをかきやすくなってしまうのです。

タバコ

タバコの煙、つまり副流煙は鼻の粘膜を傷つけるといわれています。

犬も同様にタバコの煙によって鼻の粘膜が傷つけられ、その傷ついた粘膜を守ろうとするために鼻水を出すのです。

そしてその鼻水によって喉が詰まりやすくなり、いびきに繋がっていることが考えられます。

犬種

短頭種と呼ばれる、鼻の潰れている犬種は、空気が通りにくくなっているため、いびきをかきやすくなっています。

代表的な短頭種といえば、ブルドッグやパグ、ペキニーズやシーズーなどです。

これらの犬種は、いつも寝ているときにいびきをかいているのではないでしょうか。

ちなみに鼻が潰れたこれらの犬種は、呼吸がしにくいため飛行機にも乗ることができません。

病気

最近になって突然犬がいびきをかくようになったのであれば、もしかしたら病気が原因かもしれません。

気管虚脱や軟口蓋過長症、また人間にも多く見られる無呼吸症候群である可能性も考えられます。

もしも最近になっていびきをすることが増えているようであれば、一度動物病院へ連れて行ってあげても良いかもしれません。

スポンサーリンク

犬のいびきの対策は?

肥満を解消する

もしも肥満がいびきの原因であったのならば、肥満を解消することでいびきが改善されることが期待できます。

激しい運動はせずに、足腰に負担がないようにゆっくりと長時間の散歩をしたり、暑い日であればいっしょにプールを楽しんでみても良いかもしれません。

空気清浄機を設置する

もしもタバコの煙や花粉などがいびきの原因と考えられるなら、空気清浄機を設置してみましょう。

また、タバコは犬にとっても有害になりますので、なるべくベランダや外、換気扇の下などで吸うといびきが改善されるかもしれません。

獣医師に診てもらう

突然犬がいびきをかくようになったり、呼吸自体が苦しそうにしているのであれば、一度動物病院へ連れて行くことをおすすめします。

特に、呼吸がゼーゼーと苦しそうにしているのであれば、なんらかの病気が疑われますので、なるべく早めに獣医師に診てもらうようにしてください。

まとめ

犬のいびきは、飼い主からしてみたら可愛らしいものかもしれません。

たしかにブルドッグなどの短頭種がいびきをかいていると、ついじっと見てしまいます。

しかし、日頃はいびきをかいていなかった犬が、突然いびきをかいているのであれば、ある程度注意をしておかなければならない場合もあります。

もしも呼吸をすること自体苦しそうにしているのであれば、一度獣医師に診てもらったほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事