犬に「ハウス」はどう教えたら良い?「ハウス」のしつけ方法
スポンサーリンク

「ハウス」とは、飼い主のコマンド(命令)によって、犬がケージやサークル、クレートなどに自ら入っていくしつけです。
この「ハウス」は、犬の心を落ち着かせる場所としてとても大切であり、ハウスがあるから留守番中にパニックにならないという犬もいます。
そこでこの記事では、「ハウス」を犬に簡単に教えることができるしつけ方法をご紹介します。

「ハウス」のしつけ方法

まずはコマンド(命令)を出す

犬のしつけは、すべて飼い主によるコマンド(命令)から始まります。

あまり犬を飼ったことのない人によく見られる、犬に散歩やご飯を急かされたからそれに応えるという飼い主の行動は、犬からのコマンド(命令)に飼い主が従っていることになるため、主従関係も逆転していくことが予想されます。

そのため、まずケージやクレートを用意した後、犬に対して「ハウス」とコマンド(命令)を出しましょう。

犬をハウスに誘導する

犬に対してコマンド(命令)を出した後、犬の首輪を掴み、ハウスに優しく誘導をしてあげましょう。

この際、無理やり首輪を引っ張るのではなく、あくまでボールなどを使用してハウスまで誘導することが大切です。

ハウスに入った後は思い切り褒める

犬の首輪を掴んだまま、犬をハウスに誘導し、しっかりと最後までハウスに入ることができたら、思い切り犬を褒めてあげましょう。

この際、ハウスの中で小さくカットしたおやつなどを与えることもおすすめです。

ハウスの中でおやつを与えることで、「ここにいると良いことが起こる」と犬は感じるようになります。

徐々に距離を長くする

犬がハウスに慣れてきたら、徐々にコマンド(命令)を出す場所をハウスから遠い場所にしていきましょう。

最終的に、「ハウス」のコマンド(命令)で犬がハウスを探し、自ら入るようになれば、ハウスのしつけは完了したといえるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

犬にハウスを教えることは、緊急時などいざというときに便利です。

また、もしも犬同士が喧嘩したときなどにも、ハウスのコマンド(命令)ひとつで犬はハウスに戻り、冷静を取り戻すことが期待できます。

そのため、犬を飼ってからはなるべく早めにハウスをしつけしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク
おすすめの記事