アジリティーの基本!ハードルを飛び越える「ホップ」の教え方
スポンサーリンク

アジリティーは、人と犬で行う障害物競争です。
世界大会まで開催されており、熱狂的なファンが多くいるドッグスポーツでもあります。
この記事では、アジリティーの基本であるハードル越え「ホップ」の教え方についてのご紹介です。

ハードルを飛び越える「ホップ」の教え方

ホップ=ハードルの認識をさせる

まずは事前にハードルを用意します。

バー(棒)をハードルにつけずに、そのまま地面に置きましょう。

そして、犬に「ホップ」とコマンド(命令)を出します。

キョトンとしている犬のリードを持ち、犬をハードルまで誘導させましょう。

犬がバーをまたぐタイミングで、ポケットに入れていたボールを犬の前に向けて投げてあげます。

これを繰り返すことで、犬は「ホップといわれてバーを飛び越えると、目の前にボールがやってくる」と認識するようになるはずです。

徐々にバーの位置を高くする

犬がホップのコマンドに慣れてきたら、徐々にバーの位置を高くしましょう。

徐々にバーの位置を高くすることで、ハードルを飛び越えることができるようになるはずです。

また、ボールの投げる場所を犬の前面遠くにしてみましょう。

そうすることで、ハードルを飛んだ後に加速をするようになり、アジリティーのタイムが縮むことが期待できます。

あくまで「ホップ」のコマンドでハードルを意識するようにする

ハンドラー(飼い主)自身がアジリティーに慣れてくると、犬を誘導してしまいがちになります。

先に犬を誘導してからコマンドを出すのは、良くありません。

ハンドラーの行動が先にあると、犬は先へ先へという意識が強くなってしまい、ハードルへの集中力が落ちてしまいます。

結果的にバーを落とすことが多くなり、減点対象となるのです。

そのため、あくまで最初は「ホップ」のコマンドを行い、犬がハードルを探して飛び越えることができるまでは我慢しましょう。

犬がどうしてもわからないようであれば、そこで初めて誘導をします。

犬の訓練は、すべて「コマンド→誘導→強制」で成り立っていることを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

アジリティーはハードルをうまく飛び越えることができなければ、大会で入賞することはできません。

まれに犬がハンドラーの指示を聞かずに暴走しているのを見かけますが、それはハンドラーがしっかりとコマンドの強化をしなかったからでしょう。

何事も基本が大切といいますが、アジリティーも同じように基本であるハードルが大切です。

ハードルを失敗せずに上手に飛ぶことができるように、ハンドラーの意識も変えていきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事