犬に与えても良い骨・ダメな骨。骨を与えることのメリットについて
スポンサーリンク

昔から犬には骨を与えるイメージが強く根付いてきました。
もちろんいまでもペットショップやホームセンターなどに行くと、犬用の骨が売っており、その人気の高さがうかがえます。
この記事では、犬に与えても良い骨ダメな骨・犬に骨を与えることによるメリットについてまとめました。

犬に与えても良い骨・ダメな骨

豚や鹿の骨は犬に与えても大丈夫!

豚や鹿の骨であれば、犬に与えてもなんら問題ないといえます。

犬は骨のまわりについた肉や、骨髄のにおいが大好きなため、大喜びで骨を食べるでしょう。

鶏の骨には気を付けよう

鶏の骨も、犬は喜んでたべるでしょう。

しかし、加熱した鶏の骨を犬に与えることは避けた方が良いです。

鶏の骨は加熱することで縦に避けるようになり、喉に刺さってしまう危険性が考えらえれます。

そのため、もし加熱した鶏の骨を与えたい場合には、骨が砕けるくらいに茹でてから与えるようにすると良いでしょう。

牛の肉は要注意?

犬に牛の肉を与えることも、問題はないでしょう。

しかし、狂牛病という病気は牛の骨髄や神経などの組織を介して動物や人に感染したとされています。

そのため、問題はないでしょうが、万が一のことを考えるなら犬に牛の骨は与えないほうが無難かもしれません。

スポンサーリンク

犬に骨を与えることのメリット

栄養補給になる

ご存知のとおり、犬は本来肉食動物です。

そのため、骨は動物から摂取できる貴重な栄養源といえます。

骨にはカルシウムのほか、リンやたんぱく質などが含まれているため、骨を食べることで効果的に栄養補給をすることが可能です。

歯磨き代わりになる

犬を飼う上で苦労することといえば、歯磨きが挙げられます。

幼いころから犬の歯磨きをしていないと、口の中を触られることを嫌がるようになってしまいます。

しかし、硬い骨であれば、犬は喜んで自ら歯磨きをしてくれるので、口内を清潔に保つことができるでしょう。

顎を鍛えられる

犬も高齢になると、顎や歯が弱ってきてしまいます。

そこで、骨のような硬いものを日頃から噛むことで、顎や歯を鍛えることが可能です。

また、硬いものを噛むことは犬にとってストレス解消にもなるでしょう。

まとめ

犬にとって骨は、動物の大切な命をいただく自然のサプリメントといえます。

栄養補給はもちろん、歯磨きやストレス解消など、さまざまなメリットが挙げられます。

もちろん骨の大きさによっては、喉や口内を傷つけてしまう可能性もあるので、犬の身体の大きさに合った骨を与えるようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事