犬の散歩中の拾い食いはとても危険!やめさせる方法をご紹介
スポンサーリンク

犬を散歩していて、ふと犬のほうを見るとなにかを食べていたという経験がある人は多いのではないでしょうか?
当たり前のことですが、犬の拾い食いはとても危険です。
この記事では、犬の散歩中の拾い食いの危険性ややめさせるためのしつけ方法をご紹介します。

犬の散歩中の拾い食いの危険性

死に至る危険がある

犬の散歩中の拾い食いは、命に係わる危険性があります。

あまり落ちていることはありませんが、犬が中毒症状を起こすネギ類やチョコレートを拾い食いするかもしれません。

もしかしたら、焼き鳥の串などが落ちている可能性もあるでしょう。

また、犬嫌いの人間によって毒入りの食べ物をわざと道に落としていることもあります。

犬の命を守るためにも、拾い食いは絶対にやめさせなければなりません。

感染症などの体調不良の可能性

道端に生えている草などには、ほかの動物の糞尿などが付着している可能性があります。

それを犬が食べてしまうと、寄生虫などの感染症を発症することがあるかもしれません。

そうでなくとも、食べ慣れないものを食べることで嘔吐や下痢などの体調不良になる可能性は高いです。

スポンサーリンク

犬の散歩中の拾い食いをやめさせるしつけ方法

飼い主を意識させる

犬が拾い食いをするのは、飼い主のことを気にせずにマイペースに散歩ができているからかもしれません。

そのため、散歩中に飼い主を意識させることで、拾い食いをする暇をなくす方法があります。

散歩コースを毎日変えることで、犬は次に飼い主がどこを曲がるのかを予測しにくくなるため、定期的に飼い主の様子を伺うようになるはずです。

「いけない」とコマンドを出す

犬が間違ったことをしたときには、「いけない」や「ノー」などと、はっきりとコマンドを出しましょう。

しつけの方法としては、家の中でわざとぬいぐるみなどのおもちゃに似たようなものを置いておきます。

そこで犬がそれを噛んだ瞬間に、大きな声で「いけない!」や「ノー!」などとコマンドを出しましょう。

ここで大切なのは、噛む前にコマンドを出さないことです。

犬がぬいぐるみを噛む前にコマンドを出してしまうと、犬はなにも行動をしていないのに叱られたことになります。

そのため、かならず犬が床に落ちているものを噛んだ瞬間に叱るようにしましょう。

これを繰り返すことで、散歩中に草などを噛んだ瞬間にも同様にコマンドを出すことで止めることができます。

犬は徐々に「落ちているものを噛んだときにだけ叱られるな…。ひょっとして落ちているものを食べたらダメなのでは?」と考えるようになるはずです。

「出せ」を教える

事前に「出せ」を教えておくことで、犬が異物を食べてしまったときにも口から出させることができるかもしれません。

飼い主が慌てて口の中のものを取り出そうとしてしまうと、犬は「取られてたまるか!」と考えて急いで飲み込んでしまいます。

そのため、もし犬がなにかを食べてしまったときには慌てずに落ち着くようにしましょう。

まとめ

犬が拾い食いをするのは、さまざまな危険性があります。

そのため飼い主としては、地面に落ちているものはたとえドッグフードでも食べてはいけないものだと教えなければいけません。

飼い主の許しがなければ物を口に入れてはいけないと教えることも、拾い食いのひとつの対策となるでしょう。

もしも犬の拾い食いで悩んでいるのであれば、「いけない」などのしつけの練習を入念にすることをおすすめします。

スポンサーリンク
おすすめの記事