犬の引っ張り癖は危険!?引っ張り癖のしつけ方法について
スポンサーリンク

犬の散歩のときに、犬が先導するように引っ張られている飼い主の人は多いのではないでしょうか?
それは、犬に引っ張り癖がついているということです。
引っ張り癖がついてしまうと、思わぬ事故に繋がってしまうことも考えられます。
ここでは、犬の引っ張り癖の危険性や原因に併せて、引っ張り癖のしつけ方法についてお教えします。

犬の引っ張り癖の危険性

大型犬であれば道路に飛び出す危険性も!

引っ張り癖は、どんな犬種でも直す必要があるでしょう。

特に大型犬の場合は力が強いため、突然引っ張られたら飼い主も力負けしてしまうことがあります。

突然道路に犬が飛び出たときに、飼い主が対処しきれない状況に陥ってしまったら、犬が事故に遭う危険性も考えられます。

そういった事故を防ぐためにも、引っ張り癖はしっかりしつけをして直さなければならないのです。

犬が興奮してしまう

犬が飼い主を引っ張っているときは、リードがピンと張った状態になっているでしょう。

そのため、犬の首は常に絞まってしまいます。

そうすると、頭に血が上ってしまい興奮状態になってしまうことが考えられます。

呼吸もしにくくなるため、引っ張り癖を持つ犬は常にハァハァと荒い呼吸をしながら歩いていることが多いです。

スポンサーリンク

犬の引っ張り癖の原因

犬について行っている

一番多い引っ張り癖の原因は、散歩の際に犬について行っているということです。

散歩は、あくまで飼い主の散歩に犬がついてくるという形でなくてはなりません。

しかし、犬が散歩を先導してしまうため行きたい方向に歩こうとし、飼い主を引っ張りながら歩きます。

これではまるで、犬が飼い主の散歩をしているようです。

飼い主がリードを張ったままにしている

あなたは愛犬のことを信用していますか?

もしかして、散歩のときに犬がどこかに行ってしまわないように、リードを突っ張ったままにしていませんか?

それこそが、犬の引っ張り癖を助長しているのです。

犬は本能的にリードが引っ張られると、それに負けじと前に行って抵抗します。

難しいでしょうが、散歩の理想は常にリードが多少弛んだ状態になっていることです。

犬の引っ張り癖をこれ以上悪化させないためにも、リードを短く持つことは控えたほうが良いでしょう。

犬の引っ張り癖のしつけ方法

一瞬だけリードを引っ張る!

一番効果的な引っ張り癖のしつけ方法は、犬が飼い主を引っ張り始めたタイミングで、一瞬だけリードを引っ張ることです。

これをチェックと呼びます。

ショックやチョークという呼び方をしている人もいます。

この「一瞬だけリードを引っ張る」という点がポイントで、グーっと犬を引っ張るような引き方ではなく、グッとリードを引き、その後すぐにリードを弛ませなければなりません。

最初のうちは慣れないでしょうが、何度か試しているうちにすぐに慣れるでしょう。

犬は首に一瞬刺激があることにびっくりし、引っ張るのをやめ飼い主のほうを確認するはずです。

そこですかさず飼い主は進行方向とは逆に歩き始めます。

それを繰り返すことにより、犬は飼い主の動きの予測ができなくなり、徐々に引っ張り癖は改善に向かうはずです。

飼い主の散歩のペースで歩く

先述しましたが、散歩はあくまで飼い主の散歩に犬がついてくるようでなければいけません。

そのため、飼い主の気分で行きたい方向・ペースで歩くことをおすすめします。

そうすると、犬は散歩を自分のペースに持ち込めないため、飼い主について行かなければならなくなります。

毎日の散歩コースを決めずに気ままに散歩をすることで、犬自身も気分転換になりストレス解消にも繋がることが期待できるでしょう。

もしかしたら、犬がいままで以上に散歩好きになるかもしれません。

まとめ

犬の引っ張り癖は、思わぬ事故に繋がる可能性があるため、なるべく早くにしつけをしておくことをおすすめします。

引っ張り癖は、どんな犬でもしつけによって必ず改善します。

そのため根気よく犬と向き合い、引っ張り癖を直せるように頑張りましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事