【ドイツ産まれの柴犬・姫との生活#8】大学病院に緊急入院!(チビ姫時代の骨折①)
ギプス装着してもへそ天
スポンサーリンク

我が家の姫さんは1歳になるまでになんと2回も骨折をしております😢
今ではそんな体験は嘘のように元気に走り回っていますが...

トラムに驚いて地面へ落下!

最初の骨折は生後3か月半。ワクチンを済ませ、お散歩デビューした直後でした。

ドライブと人込みに慣れることを兼ねて車で40分くらいの町に連れて行きました。

土曜日ということもあり、人の多さにビビり歩かなくなったのでパパが抱っこしていましたが、駅前でいきなり腕から(飛び出して?)コンクリートの地面に落下してしまったのです!見たこともないトラムに驚いてしまったのか?

かなりの衝撃だったようで数秒顔が硬直したようになり、座ったまま一歩を踏み出せず。慌てて帰宅しました。

右前足(手)の骨が折れていた

スポンサーリンク

右前足を骨折して大学病院に入院

しばらくパパの腿の上で大人しくしていたのだけど、右脚が床に触れた瞬間にものすごい声(キャンキャン)。慌てて近くの動物病院に電話したけど出ず(土曜の午後は休診)。診てもらえるところを探したら大学病院の緊急窓口があったので、出かけた町に逆戻りしました。

レントゲンを撮ったところ、右前足(手)の骨、4本中3本が折れていました😿

そのまま緊急入院し、専門医による診断(手術orギプス)待ちとなり、月曜日にギプスによる治療と決まったのでお迎えに行きました。(入院は23日)

ギプス(ギプスシーネ+包帯)で固定は4週間、1週間に1度交換(できれば同じ曜日)、濡れたら即交換が必要、かじるようならカラーを装着、痛み止めはあと4日間服用、とのことでした。

大学病院でギプスを巻かれるチビ姫

何度もギプスが外れて疲労困憊

ピョコピョコとだけど歩けているし、シートの上でトイレも出来たからひとまず安心!と少し目を離した隙にギプスがずれ落ちて患部にあたったのかあの激痛の悲鳴が!時計を見ると17時過ぎ。またしても緊急窓口でやり直してもらいました。

そして22時頃、私もリビングで一緒に寝る準備中「ちょっとどいてね」と身体を持ち上げたらスポッとギブスが取れました。そんなに動き回ってないのに何故?!

夕方目の前で見たように家で巻きなおし、朝まで様子をみようとしたのだけど夜中にずれてしまい、また大学病院へ。夕方と同じ女医さんは責任を感じていたようで、私たちが到着するまでにもっと良い巻き方はないか考えていたそう。脚だけでなく身体の方にも包帯とテープをぐるぐる巻く作戦にでました。外れる心配は少なくなったけどかなり窮屈そうで、心地よい姿勢がとれずに全然眠れない様子でした。 24時間内に往復1時間半を4回。肉体的にも精神的にもクタクタでした。

どうにか朝を迎え、数日は問題なく過ごせたのだけど、翌週の取り換えの予約前にまたギプスがずれ落ちました...(②へつづく)

ギプス装着してもへそ天

スポンサーリンク
おすすめの記事