【ドイツ産まれの柴犬・姫との生活#39】犬を飼ったら税金を払う必要がある
スポンサーリンク

犬関係でドイツにあって日本にないものの1つが犬にかかる税金です。そうドイツには『犬税』があります。犬の飼い主は年に1度税金を納めることが義務付けられています。

犬を飼ったら犬税の登録が必要

犬を飼い始めたり引っ越しをしたら、市役所か税務署で登録しないといけません(うちの町では市役所の金融・納税課が窓口でした)。

しかし約4分の1が登録されておらず、税金逃れしてるという話もあります。税務署や治安局が抜き打ちで家庭を訪問してチェックすることがあるらしいけど、それはかなり稀っぽいです。実際に見聞きしたことがありませ~ん。

ちなみに登録時に(こちらが危害を与えた場合の)損害保険に入るように言われました。うちの姫さんは確実にやられちゃう側ですが、いちおう加入しましたよ。 この損害保険もちゃんと加入している飼い主さんがどれだけいるか怪しいです。

犬税と納めると送られて来る鑑札

スポンサーリンク

無責任な飼育や多頭買いを抑止する役割

税額は各自治体により異なります。盲導犬や救助犬、医療犬などは免除され、危険な犬種、闘犬種などは高額となっています。そしてTierheimなどの動物保護施設から引き取った場合は1年間だけ免税されます。
犬の頭数が増えすぎると困る都市部では高額傾向にあり、また犬の繁殖・売買を防ぐように多く飼うほど割高(1頭目より2頭目の方が高い)です。自治体の税収になるだけではなく、犬の頭数を間接的に制限し、人々が無責任に犬を飼わないようにする役割も果たしています。

大好きな畑のお散歩コースで

納税による問題

犬税の使途に関しても各自治体に決定の権限があり、糞処理とか動物保護とかに使われていると思いきや全然犬とは関係のないところで使われているケースもあるとか?
そして「犬税を払っているのだから犬の糞の始末は行政が行うべき」 と言う考えの飼い主もけっこういるようで、あちこちにワンコさんの落とし物が転がっています。

犬糞バッグの携行を義務付けたり、専用のビニールやゴミ箱を設置したり、5年前からは罰金も課せられるようになりましたが、よく見かけるノーリードだったりするとそのまま放置💦 日本ではお持ち帰りが常識ですけどね。

ワンコさんの落とし物専用袋

スポンサーリンク
おすすめの記事