【ドイツ産まれの柴犬・姫との生活#37】柴犬パラダイスを訪問
スポンサーリンク

ここドイツでは秋田犬は広く知られているようですが、柴犬の認知度はまだまだです。柴犬に関しては隣国(ベルギー、オランダ、ポーランドなど)の方がブリーダーの数も飼育頭数も多いと思います🐕

ドイツでは大型犬が人気

ドイツの人気犬種ランキングの上位常連はラブラドール・レトリーバー、ジャーマン・シェパード・ドッグ、ゴールデン・レトリーバー、フレンチ・ブルドッグ、ジャック・ラッセル・テリア、オーストラリアン・シェパードです。

大型犬が多めですね。日本犬はまだそのお仲間に入っていません。

屋台のモフモフ看板犬

スポンサーリンク

日本犬のブリーダーもいる

現在ドイツ・ケネルクラブ(Verband für das Deutsche Hundewesen)に登録されているブリーダー数は秋田犬が37、柴犬は17です。

我が家から50km圏内に秋田犬のブリーダーは1軒、柴犬は100km圏内ではゼロ、250km圏内では3軒あるようです。おそらくこのケネルクラブに登録しているのはいわゆる「商業ブリーダー」。その他に個人的な「ホビーブリーダー(趣味の繁殖)も存在しています。

湖畔で柴犬に遭遇

ちょうど7年前、近所の湖畔をサイクリングしていたらベビーカーで散歩中の若いママさんが柴犬を連れていました。自転車からおりて、少しお話を伺いました。その柴ちゃんは13カ月で、比較的近くの町のブリーダーさんのところで産まれたと。

家に戻ってからその町の情報を調べると、柴犬を多頭飼いしているお宅があることがわかりました。コンタクトを取り後日訪問することが出来ました!

湖畔で会った柴ちゃんは困り顔が可愛かった

柴犬多頭飼い宅を訪問

約束した時間に伺うとご主人と5匹の柴犬(メス)がお出迎えしてくれました。玄関を開けるとお昼寝していたおばあちゃん柴も加わり、合計6匹の柴犬パラダイスでした

ブリーダー業もしているそうですが、その時点で譲ってもらえる赤ちゃん犬はおらず、出産の予定もないようでした。ちょっと残念!それから半年程経った頃、ご主人から「8歳の子を一匹譲っても良い」との連絡が。そのお申し出は「仔犬から育てたいので...」とお断りさせていただいたのだけど、どうしても柴犬を飼いたいという邦人が哀れに思ってのことでしょうかね?

リビングは6匹の柴犬パラダイス

スポンサーリンク
おすすめの記事